フィリピンのコンビニ事情!フィリピン生活でコンビニは必要不可欠です。

そこらへんのおじさん
アンジー君、やっぱりフィリピンでもコンビニはたくさんあるの?
管理人のアンジー
もちろんありますよ。特にセブンイレブンはどこに行ってもありますね。
そこらへんのおじさん
頻繁に使うの?
管理人のアンジー
フィリピンのコンビニも24時間営業なので、僕は深夜によく行きますね。イートインスペースもありますし。

 

こんにちは。今晩は。管理人のアンジーです。

私たちの身近な存在、コンビニエンスストア。

殺伐としたマニラ市内で歩いている。暑さで倒れそうになりながら、後ろから一体どんなイカれた野党に襲われるか、そんな不安から緊張感を極限まで高めて歩いている。そんな時目の前に見慣れたあの看板が。。。そう、コンビニ(*‘∀‘)

フィリピンにコンビニなんてないと思ってる人が意外と多いのですが、マニラでは日本よりも多いんじゃないかってくらいの数のコンビニがあります。

日本のようにセブンイレブン、ファミリーマート、サークルK、ローソン、ミニストップなど数多くのコンビニがあるんです。

その中でもダントツに多いのがセブンイレブン、ちらほらあるのがミニストップになります。今回はフィリピンのコンビニ界の王セブンイレブンについて紹介していきます。

スポンサーリンク

特徴

ほぼ全店舗に飲食スペースがある。

フィリピンの店だと考えるとやはり内装はきれい。

店舗によって温度差が激しい。

やはりコンビニ生活必需品はそろっている。

買い物の流れ

1.入店の前に気持ちを整える。これ、重要

2.扉を開けるのと同時に大きな声でHelloと言いながら入店する。ここも重要。

3.商品を選ぶ。ここはあまり重要ではありませんね

4.列に並び、支払う。

5.店員にお弁当温めますかの「マイクロウェーブ?」や袋いりますかの「プラスティック?」などの定番な質問が飛んでくるので必要なら「yes,please]、不必要なら「no thanks 」とはっきり言いましょう。

6.店を出るときはかっこよく大きな声で「I`ll be back」と言いましょう。これは決め台詞なので最重要

フィリピンのコンビニで売っている物

ドリンク

コーラ、水、フルーツジュース、緑茶まで種類は多く売られています。もちろんアルコールも。おすすめのビールは定番中の定番サンミゲルライトですね(*‘∀‘)

弁当&お惣菜

種類が少なくクオリティも低めです。値段は味は良く安い28ペソのお弁当もあれば、100ペソ超えるのに美味しくない弁当もあります。

肉まん、ホットドッグはセルフサービスです。そして激マズです(笑)

一押しはフライコーナーのフライドチキン(60ペソ)、牛丼と照り焼きチキン(80ペソ)

お菓子

キットカットやトッポなど見慣れたチョコレートも多いですね。スナックもカルビーの品ぞろえもそこそこです。

フィリピンメーカーのoishiも美味しいです。ドライフルーツやピーナツなんかのおつまみの種類も多い。

日用品

バス用品、ティッシュ、歯ブラシ、ナプキンなど生活雑貨系も種類豊富です。

その他

レジで携帯電話のSIMカードやプリペイドカードなども買えます。店員に簡単な英語で尋ねましょう。また、携帯電話や電子機器類の充電所が設置してある店も多い。5ペソで10分間充電できるのでどうしても充電が必要な時はコンビニ充電可能。

店舗にもよりますが食べ物を買えば座って店内で食べられます。

フィリピンで夜中に外出することは控えたほうがいいですが緊急事態などの場合にはフィリピンでも24時間営業なので頼れる存在でしょう。

フィリピンの都会のコンビニは基本混んでます。そして店員はだるそうにレジ業務をこなします。混んでるのにレジ一つしか開けずにヘラヘラ商品並べてる店員みるとレジやれやと思ってしまいますがそこも文化だと受け取って多めにみましょう。

日本ほどクオリティではないですがやはりこちらに住んでいると足を運ぶ機会は頻繁にあります。日本のコンビニとの違いがたくさんあるので観光客の方は試しに来てみると面白いと思います。

以上、フィリピンのコンビニ事情でした。

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリピソ日記 Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です