【必読】フィリピンの交通事情タクシー編。フィリピンの交通を網羅しよう!!

そこらへんのおじさん
アンジー君、フィリピンでの主な交通手段がタクシーって本当なの?
管理人のアンジー
フィリピンへ観光に来た日本人の主な交通手段はタクシーだと思いますよ。アンジーみたいにフィリピンに住んでいる人でもタクシーは頻繁に利用しますよ。
そこらへんのおじさん
すごいな( ゚Д゚)お金大丈夫なの?
管理人のアンジー
フィリピンのタクシー料金は安いので案外大丈夫なんですよ。もちろん他の交通手段の方が安いですけどね。

こんにちは。こんばんは。管理人のアンジーです。

フィリピンへ行った時は必ずお世話になるフィリピンのタクシー。日本のタクシーには中々乗りませんが、フィリピンでぇあ頻繁にタクシーを利用します。

フィリピンに行く場合はタクシーくらい乗れるようになっておかないとフィリピンを十分に楽しめません。歩いて移動するには限界がありますし、疲れますからね。

ということで今回の記事はマニラの移動手段や交通手段について紹介していきたいと思います。タクシーはマニラ滞在中の肝になると思うので持ってる限りの知識と経験から丁寧に紹介していきます。

スポンサーリンク

フィリピンのタクシー

フィリピンのレギュラータクシー

一番安く、量も一番多いのがこのレギュラータクシー。初乗りはなんとP40。250mにつきp3.5。一番メジャーなタクシー。渋滞時や目的地が遠いと拒否してくることがあります。またメーターを使わず言い値で料金を提示してくることがあるので、そういったタクシーには乗らないようにしましょう。そして決め手にはおつりがないと。。。

必ず最初に行先とメーターを使うか交渉しましょう。ここの交渉ができない人がいますが、フィリピンのタクシーで外れは本当に頻繁に引くのでここはしっかりとしましょうね。

正規のメーターを使ったタクシー場合相当遠くへ行ってもびっくりするくらいの安さで行けます。

メーターを使えば100ペソ近くで行ける場所なのに300ペソくらい要求してくるドライバーもいますのでそんなときは無言でドアを閉めましょう。交渉するだけ無駄です。

フィリピンのイエロータクシー

呼び名の通り車体全体が黄色いタクシー。量は比較的少ない。初乗りはp70。300mにつきp4。レギュラータクシーよりも高いがトラブルの可能性はかなり低いですが、イエロータクシーでも悪事を働くタクシードラバーは多くいますので注が必要です。ドライバーも値段交渉してくることはほとんどないです。

よく間違えるのは黄色のレギュラータクシー。

タクシーイエロータクシーに見えて実はレギュラータクシー。間違えないように注意が必要。

悪行を企む悪いドライバーもいますので十分注意して乗りましょう。では私が実際体験したタクシーでのトラブルを紹介します。

ストーリー①

ある日空港に友人を迎えに行くためタクシーを捕まえた。悪そうな顔をしたドライバーだ。メーターを使えば100ペソくらいなのに渋滞してるから500ペソだと言ってくる。

この野郎、観光客だと思ってやがるな。しかし急いでいたので200ペソなら払うと交渉。そしたら間をとって300ペソだと言う。無言でドアを閉め、ほかのタクシーを探そうとすると、人が変わったような笑顔で「メーター使うぜ兄ちゃん」と言ってきた。

怪しい。怪しすぎる。200までなら払うといったのにせいぜい100ペソくらいにしかならないメーターを使うという。しかし急いでいたのでタクシーに乗り込んだ。

一分くらいたっただろうか。ふとメーターを見てみると表示されている金額は180ペソ。しかも猛烈な勢いで金額が上がっていく。あまりの出来事に5秒くらい無心でメーターを見ていた。

ようやく事態を理解し運転手に「これはおかしい。上がるのが早すぎる」というと、なら500払えと言ってくる。いやいや、降ろせ、と普段ならいっている。しかし急いでいたのでいやいや承諾してしまったのだ。敗北だ。完全敗北である。

ストーリー②

これはあの雨の日の夜中。友人とジョリビーで腹ごしらえをすませ家に帰ろうと外に出ると土砂降り。タクシーで帰るしかないと思うが、なにせ人通りが少ない。タクシーどころか車が一台も走っていない。

途方に暮れていると遠くのほうにタクシーが停まっていた。濡れながらタクシーに近づいて目的地を言うと俺に任せろと快諾。ラッキーだと思い乗り込む。しかし乗ったらやけにこちらを見てくる。

するとドライバーが助手席側のドアのロックをわざわざ体を乗り上げてロックした。そのときズボンの右ポケットにドライバーの手が当たった。「こいつまさかポケットに何が入っているか確認したな」

そう。右ポケットには財布が入っていた。さらにシートベルトを着けてやると完璧に僕の体に体を乗っけてきた。肩で僕の視線を遮ってきたがポケットから財布が抜かれた感覚が確実にあった。

とっさの行動でアンジーもドライバーの首根っこをガッッッと掴んだ。これにはドライバーも相当驚いていたがやはり手には財布が。

なに盗ってるのと問い詰めると落ちそうだったとの言い訳。完全に呆れてタクシーを降りた。 後々聞くと道方に停まっているタクシーには乗らないほうがいいそうだ。

トラブル防止の注意点

・行先、メーターの使用は発車前に確認。

・ホテルやコンドミニアムのガードマンにナンバーを控えておいてもらう。

・細かいお金を用意しておく。

印象に残っているのはこの二件ですがもちろんですが小さいトラブルはよく起きます。ただ50ペソや100ペソくらいなら目を閉じてあげたほうがいいでしょう。できるだけトラブルはなくしたいですからね。

以上、マニラの交通事情 タクシー編でした。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリピソ日記 Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です