残酷すぎる!!フィリピンの物乞いやストリートチルドレン

フィリピン人の笑顔、すごく純粋

こんにちは。管理人のアンジーです。

フィリピンといえばどんなイメージでしょうか。

フィリピンに行ったことのない方でフィリピンにはたくさんの物乞いやストリートチルドレンがいるというイメージを持っている方は少ないと思います。

スポンサーリンク

フィリピンのストリートチルドレン

貧富の差

フィリピンの経済成長はここ最近めざましく英語が公用語のこの国では外資系の企業も多い。

経済成長の裏にはやはり貧富の差がある。フィリピンの貧富の差というのは日本の貧富の差とはくらべものにならないくらい大きいのです。

フィリピンにはたくさんのストリートチルドレンや大人のホームレスが存在する。しかし日本では考えられない位の大金持ちもその分多い。要は富が一部に集中しすぎているのだ。

その上、貧困層はなぜか子供を多く作ってしまう。その結果お金がないのに子供だけが増えて育てられなくなり捨ててしまうといったケースが多いのだ。大学の教授曰く貧困層のフィリピン人たちはやることが子作りしかないとのこと。

やることが子作りしかないからといって子供をポンポン生むのはどうかしているにだが結果的にこのストリートチルドレンの多さにつながっていると思う。

確かに見るからに貧乏そうな夫婦でも子だくさんのフィリピン人夫婦はたくさんいる。

マニラを歩いていると悲しいことなのだが、本当にたくさんのストリートチルドレンや物乞いを見る。そしてお金を持っていそうな人を見かけると寄ってきて無言で手を差し伸べてくる。

怖いことなのだが長く住んでいるとその光景に慣れてきてしまう。アンジーもフィリピンに来たばかりのころは毎回5ペソくらいあげていた。しかしお金をあげても彼らのためにはならないことを知った。

友人の話ではもらったお金はほとんど親玉に渡しているとのこと。マフィアや悪党が小さい子の腕や脚を切って同情してもらいお金をもらっている輩もいるということ。

結果的に子供たちにあげたお金は親玉の財布を潤していることになるのだ。また、お金を直接子供にあげるのは法律で禁止されている。なのであげるなら食べ物がベストだと思う。

アンジーもたまに極度にやせ細っているストリートチルドレンにスーパーマーケットで買った食材を食べさせることがある。お金を直接あげるよりもこちらの方が役に立っている感覚はある。

ストリートチルドレンにお金を渡してもその子のためにはならないのが現実。

フィリピンのホームレス

フィリピンという国はホームレスには非常に厳しい国なのだ。

正直な話、日本でホームレスになってもなんだかんだ生きていける。公園に行けば飲める水道がある。もちろんフィリピンにはない。よく見かけるのは誰かのエアコンから排出される水を飲んだり、ペットボトルにその水を汲んでいるのだ。

日本なら空き缶を集めて換金所に持っていけばお金がもらえる。しかしフィリピン人のホームレスにはそういった収入源はないに等しいのだ。

実はマニラはホームレスの数が世界一。フィリピンに長く住んでいるとその光景に慣れてしまうのは確かです。アンジーもフィリピン来たばかりの時は日本との違いにかなりのショックを受けました。しかしこれが今のフィリピンの現状なのです。大統領もドゥテルテ大統領になったのでこれからのホームレス対策に期待したいと思います。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

フィリピンについて聞きたいことがあればメールください!!

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です