ボラカイよりもプエルトガレラ!? 行き方と観光スポット

こんにちは。アンジーです。

a0800_001328

フィリピン旅行といえばどこが人気でしょうか。何かとフィリピンの海はきれいだというイメージがあると思います。

そこでフィリピンで有名なのは世界一綺麗なビーチと名高いボラカイやフィリピン旅行の王道セブ島などが浮かんできますね。

しかし!ここでアンジーは声を大にして言いたいです。確かにボラカイやセブの海やビーチはすごくきれいだと思います。しかしその選択肢にぜひプエルトガレラという候補も追加してほしい。

アンジー自身、以前はプエルトガレラの存在自体知りませんでした。しかしフィリピン人の友人におすすめのビーチを尋ねたところ、ボラカイよりもプエルトガレラのほうが良いと言っていました。

理由としてはボラカイは有名になりすぎて観光客が増えすぎて人が多すぎるということ。もう一つはボラカイよりもプエルトガレラのほうが圧倒的に安いということです。

それでは今回の記事ではプエルトガレラについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

日本からプエルトガレラの行き方と観光スポット

img_17361

日本からプエルトガレラへの行き方

①マニラの空港に行く。

プエルトガレラに行くにはマニラからの出発になる。

既にフィリピンにいる場合は、②からです。

LRT Gil Puyat駅のバスの発着駅に行く。

Gil Puyat駅のバス停からBatangas pier行きのバスに乗り終着地点まで乗る。約150ペソ。

③Batangas Pierに到着

所要時間約2時間。ここはプエルトガレラ行きの船の港になっている。

※注意:Pierの前の駅でバタンガスに停まるがそこでは降りてはいけない。

④Pierからプエルトガレラまでの船に乗る。

これは300ペソ程度でプエルトガレラまで行ける。所要時間は約40分。

これでプエルトガレラに到着。船を下りて入港料50ペソを払えばあとは遊び放題。

※注意点

Batanagasの港に着くとやたらと日本語で話しかけてくるフィリピン人がいますが、彼らは無視した方がいいです。チケットを買うのは非常に簡単なので少し時間をかけたとしても自分たちで買いましょう。ちなみに彼らに頼むと5分くらいの苦労で500ペソくらいぼったくられます。鬼の形相で無視しましょう。

img_17381

 

プエルトガレラの特徴

プエルトガレラ島内には二つの主要ビーチがあります。それがホワイトビーチとサバンビーチ。

ホワイトビーチ

プエルトガレラのビーチといったらホワイトビーチでしょう。白い浜。青い海。ピチピチな女性。いろいろなマリンスポーツも楽しめて食事もおいしくホテルも安い。プエルトガレラに海やビーチを目的として来ているならホワイトビーチに滞在するのが一番楽しめます。夕方からはホワイトビーチの至るところでゲイによるショーが始まりますが、これがなかなかクオリティが高くてそれなりに楽しめる。
※最近は規制が入り、以前ほど夜のショーは盛り上がっていないとのことです。

ただマリンスポーツの値段はやはり多くの外国人が訪れる場所なのか、フィリピンのマリンスポーツにしては全体的に高めです。ただ、日本国内や有名な海外のマリンスポーツの値段と比べると安いと言えるでしょう。

港からホワイトビーチへはトライシクルで150ペソ前後で行けます。

ホテルは1000ペソくらいでもそこそこ満足できる優良ホテルもあれば、3000ペソくらいするのにwifiすらついていない残念なホテルもあるとのことです。

ホワイトビーチのゲイショーが終わった後のビーチはすごくロマンチックです。彼女と訪れたなら静かなビーチで将来のことを語り合えば一生忘れられない思い出になるでしょう。

サバンビーチ

サバンビーチはレストラン、ダイビング、夜遊びがメインの遊びになります。

レストランはホワイトビーチよりも国際色豊かなレストランが多く、ホテルも全体的にきれいだと感じました。

サバンビーチには外国人の観光客、特に欧米人が多い感覚。夜になると彼らは夜の楽しみを求めて繁華街へと入っていきます。そして店から出てきたと思えば隣にきれいな美女を連れています。

ホワイトビーチからはトライシクルで300ペソ、港からは150ペソが相場。ホテルは1500ペソ~探すことができるでしょう。

プエルトガレラの治安

マニラと比べるとプエルトガレラの治安は天国と言えるでしょう。

ただトライシクルの運転手はよく高い値段を言ってくるので相場を知ることが大切です。また港付近にいる外国人をターゲットにした案内人などは私たちを金づるとしか思っていないため無視するのがベストでしょう。

その他はオカマに気を付けておけば比較的安全で財布を放置しておくなどの事をしない限りお金を盗まれることはまずないカと思います。ただ夜の繁華街に遊びに行く方は酔った外国人に絡まれないように危険を回避しておきましょう。

プエルトガレラ内のATM

プエルトガレラにATMってあるのかよ?いや、なさそうだな・・・危ないけど大金を持っていったほうがいいのだろうか・・・そんな方も居るのではないでしょうか?

しかしそこは心配無用です。プエルトガレラにはATMが所々にあります。一番確実な方法はトライシクルのドライバーに行ってATMに連れて行ってもらうことでしょう。

ただプエルトガレラ内で強盗を見かけたことはないがフィリピンは外国だという意識を忘れてはなりません。お金は厳重に保管しておきましょう。

プエルトガレラのホテルはビーチから近いほうが良い

プエルトガレラ内の移動は基本的にレンタルバイクかトライシクルになります。

そのためホテルがビーチから遠いと駐輪場がなかったり、トライシクルを捕まえられなくなります。

なので、ホテルを予約する際は、ビーチから徒歩10分圏内にしておいたほうが良いと思います。

クレジットカードには頼らない方がいい

プエルトガレラはマニラやセブと比べるとクレジットカードに対応していない店が圧倒的に多いのです。むしろクレジットカードで支払える店を発見したら、それはもうラッキーと言えるでしょう。特にローカル風のお店では99.999%対応していないと心得ておきましょう。

プエルトガレラでは現金が一番信用のある支払い手段と言えるでしょう。現金至上主義です。

大きなホテルならばクレジットカードも使えるが小さなホテルや宿ではクレジットカードは使えないためある程度の現金の用意が必要となってきますので、現金の用意は周到に。

アンジーからのアドバイス

プエルトガレラ滞在中これを知っておくと便利という情報をここにまとめておく。

①バイクをレンタルしてしまう。

ホワイトビーチにはレンタルバイク屋があります。店を構えているレンタルバイク屋もあれば、道端で話しかけてくる怪しい貸しバイク屋もいます。

アンジーは道端で話しかけてくる怪しいレンタルバイクおじさんから125CCのバイクをレンタルしましたが、特に問題はなく、なんと一日500ペソという値段で借りることができました。

プエルトガレラにはトライシクルで移動するのが基本となりますが、島内をウロウロ観光する人達にとっては交渉のストレスもなくなりますし、トータルの移動も安くなるので、レンタルバイクをお勧めします。

条例などは知りませんが、プエルトガレラ内では免許なしで運転しても何も咎められないとのことです。実際にアンジーも免許なしでレンタルし運転しましたが何も問題はありませんでした。

ただ借りるときには万が一の時のために身分証を預けることになります。

さらに彼女と一緒にきたのなら彼女を後ろに乗せて二人だけで移動ができるのでぜひともレンタルバイクを活用してください。

②秘密のルートでスキューバーダイビングを楽しむ

この方法はよくプエルトガレラに行く方なら大抵は知っていると思いますが、観光客用のスキューバダイビングの場所のほかにもダイビングスポットは無数にあり、きれいな魚がたくさんいるスポットへは観光客用のプランでは行くことができないと現地の人が言っていました。

行き方については調べておく必要はなく、道端で話しかけてくるおじさんと値段交渉をしてついて行きましょう。正規のスポットとは大違いで、普段から人が少ない場所に連れて行ってくれるため、海の透明度や魚の数は勝るでしょう。

ただ、島が推奨しているマリンスポットではないため、サメや危険なクラゲに遭遇する可能性も十分にありますので、その辺は自己責任で楽しみましょう。アンジーはドデカいウミガメに遭遇したことがあり、いい思い出になっています。

 

アンジーが好きなプエルトガレラでの過ごし方はホワイトビーチでゆっくりすることです。数日間なら飽きてしまうなんていったこともないと思います。

フィリピン滞在中に時間があればぜひプエルトガレラに足を運んでみてはどうでしょうか。

プエルトガレラの楽しさはアンジーが保証します。。。

 

それでは次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリピソ日記 Angie

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です