フィリピンと日本の決定的な違いはこれ

こんにちは。

先日久しぶりに乗った新幹線の速さに驚いたアンジーだ。

フィリピンに住み始めてから一年と半年ほどが経った。

フィリピンでは毎日が刺激的。フィリピンに移住する日本人が多いのも頷ける。

さて、そんなフィリピンの生活に慣れきった僕だが、やはり日本のあらゆる面での素晴らしさというものをよくよく実感する。

今回の記事はそんなフィリピンという発展途上国に住んでみて、日本はすごい!と感じる点をいくつか紹介いこうか。

スポンサーリンク

日本のすごいところ

日本のインフラはすごい

①日本のネット環境はすごい

特に感じるのはインターネット環境。フィリピンで暮らしていると日本とフィリピンのインターネット環境の違いははっきりとわかる。日本全国で超高速なインターネットが使える日本に対し、フィリピンでは場所によってはまともに使える場所もあるが、基本的にはダメと考えておこう。

例えば動画なんかをダウンロードする時などはその差が顕著にでてきてしまう。

ただ最近はインターネット環境が整ってきているので、wifiを契約するのもアリかもしれない

フィリピンで固定回線のwifiを契約する方法

②日本の医療制度はすごい

フィリピン人が日本の医療制度を知ったら目から鱗だろう。

日本では入っていて当たり前の健康保険もフィリピンでは存在こそするが、加入している人は非常に限られている。そのため病院に行きたくても行けない人達がたくさんいるのだ。

日本なら健康保険に加入していれば基本7割は国が負担してくれるし、病気によっては全額負担してくれる。日本の医療技術でこの制度があるということがどれほど恵まれたことなのかを実感できる。

フィリピンの医療制度や発展具合について

③日本の教育制度はすごい

今の時代、ほとんどの日本人は高校卒業までは国のサポートを受けながら教育を受けることができる。

ではフィリピンではどうだろう?フィリピンでは小学校すら通えない子供が多く存在する。学歴社会のフィリピンでは学の無い人間は世間から冷たくあしらわれる。

そんなフィリピンと比べたら日本の公立高校の数からみればどれだけ日本の教育制度が整っているかがわかるだろう。

④日本は水がきれい

日本では水道水の水はミネラルウォーターよりもきれいといわれているほど水道から出てくる水はきれい。

しかしフィリピンで日本人が水道の水を飲めばおなかを壊してしまうだろう

地域によっては水道から茶色の水がでてくる。特に雨の日なんかはその傾向が強く、普段から日本のきれいな水を飲んでいる日本人にとってフィリピンの水は汚いといえるだろう。うんこ色の水が水道から出てきた時にはこの世の終わりを感じる

ただここに腹が以上に強い日本人がいる。アンジーだ。僕はフィリピンの水道水を飲み続けた結果、水道水を飲んでも大丈夫になったのだ

フィリピンの汚い水道水を飲み続けた結果

国の借金がない

2015年にギリシャ経済が破たんした。このニュースは世界に大きな衝撃を与えたニュースとなった。

しかし日本のほうがギリシャよりも債務が多いから日本も危ないという人がよくいる。ん?確かにギリシャより多くの債務を抱えている日本がどうして破綻しないのか。

簡単に言うとギリシャはギリシャという国が外国に対して借金をしていた。対して日本は外国からの借金は0なのである。

ここで疑問になるのがよくニュースなんかでやっている日本の借金は1000兆円以上という話。

このニュースを簡単に信じてしまう人は多い。確かに1000兆円以上の借金があるのは間違いないだろう。しかしギリシャとは違い、日本は他国に借金をしているわけではなく日本政府が国民に対して借金があるのだ。

なんと日本は世界最高レベルでの国としての純資産がある。

簡単な話、日本の借金は日本円建てなのである。そして日本政府の借金は金融機関からの借金。元を辿れば金融機関のお金はどこから来ているのか?そう、私たち日本国民の貯金からなのだ。間接的ではあるが日本政府は現在国民から借金しているというのが正しい表現なのだ。

ここからはかなり要約してしまうが政府が50%の株を保有している日本銀行が1000兆円返すと返しましたとサインしてしまえば片付いてしまう話なのだ。これが日本政府の実態であり、日本はギリシャのような借金まみれの国ではなく、非常に裕福なくになのである。

日本が外国に対して毎年支援している額を考えたらいかに日本が裕福な国なのかは一目瞭然である。

日本は治安面がすごい

治安面に関してはフィリピンと日本では雲泥の差がある。現地でしか感じることができないことかもしれないが、フィリピンを夜中一人で歩くと生きた心地がしない。では日本ではどうだろうか。日本で夜中に外を歩いていても何か起きるという事は滅多にない。

また、データでも明らかな違いがある。日本の犯罪率とフィリピンの犯罪率はフィリピンのほうが断然高い。例えば殺人は30倍フィリピンで多く起きている。

よく日本は世界一の治安と言われているように日本が安全という事は揺るぎない事実なのだ。

日本はサービスがすごい

日本ではお客様が神様精神が昔からある。そのためサービス精神は世界一だと断言できる。

しかしフィリピンではどうだろう?

例を挙げてみる。二人の従業員がいるコンビニ。一人はレジ担当。もう一人は品出し担当。日本では列ができたらすぐに品出し担当がレジの応援にまわる。しかしフィリピンでは長蛇の列ができていてそれに気づいているにも関わらず平気で品出しを続けてしまう。

また、少額の買い物をした時に大きなお札を出すと露骨に嫌な顔をし、舌打ちする店員までいる。

明らかにサービス精神が違うのだ。

時間の正確さがすごい

フィリピンではフィリピンタイムというものが存在する。

フィリピン人は待ち合わせの時間が9時なら9時にアラームをセットするくらいの時間のルーズさ。もちろん時間に正確なフィリピン人もいるが、ルーズなフィリピン人が圧倒的に多い。

昔、フィリピンに長く住んでいる日本人と、待ち合わせをした。その日本人は20分ほど遅れて到着。何の謝罪もなかったので遅いと突っ込んだらフィリピンタイムだよこれがなんて本気で言っていた。

もっと言うと日本の電車や新幹線の時間の正確さはすごい。一分単位で出発時間が決められている。しかしフィリピンでは時刻表などなく、3分ほどで電車が来るときもあれば20分経ってもくる気配がないこともある。

交通網がすごい

日本ではインターネットで物を購入すれば数日で商品が家に届く

しかしフィリピンでは特別に高い料金を払わない限りそんなサービスはない。例えば宅配サービスを頼めば最寄りの郵便局へ自ら取りに行く必要がある。

また、新聞も頼めば毎日ポストに入っている。これがどれほど幸せな事か。フィリピンで暮らしていて気づくことなのである。

タクシーの安全さがすごい

フィリピンのタクシーの危険度は日本でも有名。対照的に日本のタクシーは全体的に素晴らしいといえる。

フィリピンのタクシー運転手の場合、ドライバーが行きたくない方向であれば乗車拒否してくる。さらに、メーターを使わないで値段交渉してくるドライバーも数多くいる。

では日本のタクシードライバーはどうだろう?お金さえあれば県外にまで運転してくれる。さらに日本でメーターを誤魔化しているタクシードライバーなんて見たこともない。さらにどのタクシーも車内が清潔に保たれている。

 

こんな感じで発展途上国に住んでみたからこそ感じる日本のすごいところがたくさんある。

よく日本人の常識は世界では非常識と言われるがまさにその通りで当たり前と思っていることが実はすごいことだったりもするのだ。

日本人として生まれてきたことは幸運なのだと思う。

 

ではまた次の記事で。ば~い。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリピソ日記 Angie

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です