フィリピンでマクドナルドがジョリビーに勝てない理由

こんにちは。

タガログ語って言えない日本人が多い。アンジーです。

日本でファストフードの代表格と言ったらどこの会社でしょうか。やはり一番人気なのはマクドナルドでしょうね。マクドナルドは世界中に店舗を展開していて、マクドナルドがない国なんて珍しいでしょう。

それではフィリピンでもマクドナルドが不動の人気を博しているのでしょうか?

実はあのマクドナルドさえ勝てないファストフード店がフィリピンにはあります。そう、ジョリビー。

このジョリビー、マニラ市内なんかには数分歩くとすぐ見つかるくらい多いんです。

昔からジョリビーは日本に上陸するなんて言われてましたが、なかなか実現せず。しかし遂に2018年にジョリビー日本第一号店が東京にオープンすることが決定されました!!

今回の記事はそんなフィリピンで最も人気のあるジョリビーについて紹介していきます。

スポンサーリンク

ジョリビー

ジョリビーてなに?

ブサカワな蜂がマスコットキャラクターのジョリビー(Jolibee)。最後のbeeから蜂のマスコットキャラクターが作られたのだろうか。

フィリピン国内では世界で一番の人気を誇るマクドナルドですらジョリビーの人気には勝てない。特にフィリピン人の子供はジョリビーが大好きで、ジョリビーが食卓に並べば興奮が冷めやらない。

ジョリビーのメニュー

マクドナルドよりも人気なジョリビーには一体どんな商品が売られているのだろうか。

実際管理人のアンジーが感じているのは、ジョリビーよりもマクドナルドの方がメニューが豊富。ジョリビーは定番商品で勝負しているといったイメージだ。

定番なのはフライドチキン、ヤムバーガー、バーガーステーキだろう。

フライドチキンは基本的に1ピース。さらにフィリピン白米とドリンクがついたセット。このセットにはグレイビーソースがついてくる。ジョリビーのグレイビーソースはご飯にかけても、チキンにかけてもおいしい。

バーガーステーキはかなりお手軽な値段なセット。ハンバーグ、ご飯、ジュースというセットで子供には大人気。しかし大人には物足りない。そんな時にはハンバーグを二枚にしたり、ご飯を多めに頼むと満足できる。

ヤムバーガーはジョリビーの看板ハンバーガー。中にバーガーステーキとソースが入ったシンプルなハンバーガーだが、味はおいしい。

値段

アンジーは二日に一回はジョリビーへ行くほどのジョリビーファン。

値段は平均して一食150ペソ(350円くらい)といったところ。

この値段はフィリピンでは決して安くない。貧富の差が大きいフィリピンでは、貧困層はジョリビーには中々来れない。

アンジーは何回は外にいるストリートチルドレンにジョリビーを差し入れしたことがあるが、やはりジョリビーともなると相当喜んでくれる。

まとめ

もしフィリピンに行くのならば是非一回はジョリビーへ行って欲しい。恐らく日本人からしたらそんなに感動する味でもないのは確かである。しかし、ジョリビーではフィリピンらしさ、フィリピンの文化を味わうことができると思う。

日本にできるジョリビーは日本人向けの味になるのだろうが、第一号店ができたら食べ比べしに行きたいと思っている。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です