アラブ人の英語の発音に笑ったwww聞き取れない

こんにちは。

フィリピンのマーケットには豚や鳥の頭が大量に売られている。管理人のアンジーです。

いきなりですがアラビア語を聞いたことがありますか?

最近では悪い意味でイスラム教の事が広がりニュースで犯行声明のアラビア語を聞いたことがある方も多いと思います。

フィリピンには多くのイスラム圏からの留学生がいます。フィリピンはキリスト教の国ですが受け入れが寛容な文化なので特に宗教間の争いはないと思っています~。

アンジーが通っていた大学にもアラブ人はたくさんいました。今回の記事はそんなアラブ人たちの発音で面白かった体験談について紹介します。

スポンサーリンク

アラブ人の英語

大学で仲良くなったサウジアラビア出身のモハメド。モハメドはアンジーが留学し始めた頃には既に相当な英語力を持っていた。

ある日、フィリピン人の友人がモハメドとアンジーとアフリカ人をカラオケに行こうと誘ってきた。アンジー自身、外国人とカラオケに行くのははじめて。

自慢ではないがアンジーの歌唱力はしょうもないくらいに下手くそなのだ。しかしこんなメンツでカラオケに行くなんて中々体験できないので行ってみた。

そう、モハメドとアフリカ人のテンションは異常に高いのだ。アフリカ人は部屋に入った瞬間5曲くらい連続で自分の国の歌を予約していた。アフリカ人が気持ちよく歌っている間にムハマドが10曲くらい予約している。さすがに多すぎと思ったフィリピン人が怒って3曲くらいに減らしていた。外国人はこんなに連続で歌を入れるのかと驚いた。

アフリカ人の歌は聞けたのだがアラビア語の歌は聞いてて不愉快になって場がしらけていた。

その後フィリピン人が気を利かせてブルーノマーズの「Just the way you are」という曲で勝負しようと言い出した。

一番手はフィリピン人。歌唱力の高いフィリピン人は高い歌唱力でアンジーたちを感動させた。2番手はアンジー。アンジーは圧倒的な歌唱力の低さで場を沸かせた。3番手のアフリカ人の歌は聞き飽きていた。4人目のモハメド。ここで事件が起きた。

この歌は歌いだしが1番の歌詞に「Her hiar her hair」という歌詞がある。

その歌詞をモハメドが発音するとRの発音の巻き舌具合が凄まじくなり「ハルヘアル~~ハルヘアル~~」となってしまうのだ。それを聞いた瞬間に3人とも大笑いしてしまった。

モハメド本人は真剣に歌っている。しかしその真剣に歌っている姿にも笑えた。

しかしこれは仕方のないことなのだ。モハメドの母国語のアラビア語のRに当たる発音は日本人には難しい舌をクルクル回す発音。そのためアラビア語圏の人たちの英語はどうしても巻き舌英語になってしまう。

フィリピン人の発音にも同じことが言える。特に教育を受けていないフィリピン人はRの発音をこれまでかというくらいにする。逆に日本人はRの発音が難しいのだ。

世界共通語の英語の発音が国によってここまで違うのはやはり面白いことなのだ。

という事でまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です