これを見て即決。 英語留学すならフィリピン。

こんにちは。

フィリピンでは手の乾燥に困ることはない。管理人のアンジーです。

英語留学の選択肢としてよく選ばれるのがアメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダなどのネイティブ英語圏ですよね。

確かに英語のネイティブ圏に留学すれば絶対に英語が伸びるなんて思っている人も多いかと思います。しかしここで厳しいことを言いますがアメリカに1、2年行ったど英語を話せるようにならないなんて人は大勢います。

これは管理人のアンジーも実感していることです。要は語学は完全に自分でやるかやらないかになってきます。国選びというのは環境選びだと思ってもいいくらいですね。

それでは本題のフィリピン留学。以前に具体的なフィリピン留学の記事を書いていますのでよかったら見て行ってください。

アンジーはフィリピン英語留学の体験から正々堂々とフィリピン留学を勧めることができます。

今回の記事はそんな英語留学するならフィリピンにしろという紹介をします。

スポンサーリンク

フィリピン英語留学

環境に甘えない

アメリカやイギリスなどのネイティブ英語圏では外を歩けばネイティブ英語が飛び交っている。交流する外国人たちはきれいな英語を話す。

そういった素晴らしい環境があるため甘えてしまう人が多い。アンジーの友人はオーストラリアに留学しているがオーストラリアにいるという事で英語が話せる気になっているが、実際そこまで話せるようになっていないというのがアンジーからみた正直な感想。

それではフィリピンではどうだろうか。フィリピン人の学生たちは英語を普段から使っているわけではない。フィリピン人同士で会話をするときは現地語のタガログ語を使っているのだ。

そのため授業が英語で行われているフィリピンでは日本人留学生と同じ英語を学ぶ立場にある。当たり前に英語を話すアメリカ人と違ってフィリピン人は努力して英語を話しているのだ。

今の時代、アメリカに行かなくたってアメリカ英語を聞くことは簡単にできる。英語を学ぶという意識に関してはフィリピンにいたほうが高まると思っている。

日本人が少ない

留学先でどうしても問題となるのが同じ日本人留学生。もしも4年間くらいの長い留学を考えているのならばなんとかなるのだが短期留学となるとどうしても日本人コミュニティというものができてしまう。

アメリカなどの留学先では日本人が集中してしまう。そうなると自分から日本人から離れるという事を意識していかなければならない。

しかしフィリピンでは日本人が多くない。もちろんセブなどの有名語学学校に行けば多いのだが、今の時代学校なんていくらでもあるのだ。

アンジーが一番オススメしたい方法がある。今度詳しく書こうかとは思うが裏技のようなフィリピン英語留学があるのだ。
語学学校ではなく周りがフィリピン人や外国人の留学生ばかりの留学方法をアンジーは知っている。
期間も自分で選べる究極の方法を。

あまり広めると日本人が多くなってしまうため知りたい方はメールアドレスにメールください。

人種の壁

これは先ほども書いたオーストラリアに留学した友人の話だが、やはりどうしても人種の壁というものが存在してしまう。

日本人は初対面のアメリカ人やイギリス人といざ話すとなると壁を感じて話せない人が多い。そこでよく聞く話が結局は日本人といつもいるなんていうもったいない話。日本人から離れようと意識していても韓国人や中国人などの英語を学びに来ている人達といつも一緒にいてせっかくのアメリカ留学なのに生かしきれていない。

しかしフィリピンではフィリピン人から見ても、日本人から見てもほとんど人種間の壁は感じない。これは同じアジア系だからなのかもしれないがフィリピンで暮らしているとやけに意識していなくてもフィリピン人の友達が増えるのだ。

特に人種を意識しないフィリピン人とは話しやすいと感じている。

もちろんフィリピン人と会話するときは英語。フィリピン人の友達が増えるという事は英語を話す機会が増えるという事なのだ。

どうしても気になること

やはりフィリピン留学の一番の懸念点は治安面。

特にマニラへ留学しようとしている方は治安面が気になってくる。

しかし夜は外へ出ない、常に気を付けるなどの注意をしておけばよっぽどのことがない限り事件に巻き込まれるなんてことはない。しかし日本よりも危険だという事に変わりはない。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です