実際、フィリピンの物価が安くない件

こんにちは。

フィリピン人はギャンブル大好き。管理人のアンジーです。

日本に住んでいる日本人にフィリピンに住んでいることを伝えると、フィリピンの物価は日本の物価よりもはるかに安いんでしょ?なんて聞いてくる日本人の方が多くいます。

実際にフィリピンと日本の物価を比べたらフィリピンの物価が安いのは確かです。しかし日本の10分の1の物価だったり月10万円あれば贅沢できるなんてのは幻想に過ぎません

今回の記事ではそんなフィリピンの物価について紹介していきます。

スポンサーリンク

フィリピンの物価はそこまで安くない件

日本の物価の10分の1??

何を根拠に10分の1と言っているのか。

よくフィリピンに旅行に行って物価が10分の1でしたなんてブログをみますがどこでそんなこと感じたんですか?

水なんかは安いと言われている。しかし現実はそうでもない。日本のコンビニなら2Lの水が100円で売られている。もしも物価が10分の1ならばフィリピンのコンビニで10円で2Lの水が買えるという事になる。

しかしこれは間違い。フィリピンのコンビニで2Lの水は日本とほぼ同じ値段の100円くらいで売られている。マクドナルドでも日本よりは気持ち安いくらいである。

それどころか日本製の物をフィリピンで買うと日本で買うよりも高くなる。また電化製品や電気代なんかも日本よりも高い

ストリートフードは10分の1の値段だ!と思う人もいるかもしれないがストリートフードはクオリティが違いすぎて比較の対象にすらならない。

しかし確かに日本よりもはるかに物価が安いものはある。交通関係は日本よりもはるかに安いだろう。タクシーは初乗りが約100円。アンジーの場合日本では高くてタクシーには乗らないがフィリピンではタクシーをよく利用している。

月10万円あれば贅沢できる??

むしろ質素な生活になる。

もちろん暮らしていけないというまでではないが月10万円では贅沢とは程遠い生活になってしまう。

そこそこの生活をするのにはやはり月30万円くらいは必要だと思う。まだ比較的若いアンジーのような若者なら現地の生活に慣れて付き10万円でも全然やっていけるが普通の日本人の感覚であればきついだろう。

しかしアンジーは定年後フィリピンに移住してきた日本人の知り合いがいるが、その方は月10万円でやっていけていると言っていた。だがアンジーの目から見ても決して贅沢な生活をしているとは言えないだろう。

まとめ

フィリピンの物価は案外高い

特に物に関しては日本とほとんど変わらないのだ。しかし人件費がかかるもの、例えばタクシーや家政婦などは日本と比べたら圧倒的に安い。

だがやはり総合的に多くの日本人が思っているほどフィリピンの物価は安くないというのが現実。

そう、フィリピンで暮らすという事は思った以上に大変だという事なのだ~。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です