もしもサザエさんがフィリピンで国民的アニメになったら

こんにちは。

フィリピンの田舎の水は茶色い。どうも管理人のアンジーです。

日本の日曜の夕方の顔サザエさん。

アンジーも幼いころは毎週テレビでサザエさんを家族で観ていましたね~。最近はテレビ自体全く見ないのでサザエさんも観なくなりましたが

サザエさんといえば何気ない日常が題材のアニメですが斬新的ですよね

そこでアンジーが思ったのはフィリピンにはサザエさんが必要なのではという事です

今回の記事はそんなサザエさんがフィリピンには必要という事をアンジーなりの意見と一緒に考察していきます。

スポンサーリンク

フィリピンにサザエさん

家族構成はフィリピンによくあるのでは?

サザエさんといえばあの家族構成。

日本でサザエさんのような家族構成の家庭は今ではほとんど存在しない。しかしフィリピンではサザエさんの家族のような大家族は珍しくない

一般的なフィリピン人は日本人が描いている普通の生活が夢なのだ

そんな普通の生活を夢見てフィリピン人は毎日を生きている

しかしフィリピン人にとってその生活を手にするのは簡単ではない。そもそもサザエさんのような家庭に生まれるのは日本人にとっても夢のようなことだろう

浪平とマスオの稼ぎだけであの家族は十分に暮らしていけている。今の時代、日本人の家庭でも共働きしていかなくては家計が厳しいという家庭が多い。

平和的な家庭

サザエさんといえばカツオとサザエの喧嘩が毎週勃発している

大抵はカツオがボコボコにされるのだがあんなに平和的な喧嘩はあるのだろうか

フィリピン人の喧嘩を何度か見たことがあるがヒートアップするとあんな平和的なものではない

もしもフィリピンでサザエさんが国民的アニメならばあの家族環境が理想となることは間違いないだろう。実はフィリピンにはサザエさんの実写版のようなドラマがある。一般的なフィリピン人はそのドラマの生活に憧れているのだ。

フィリピンでよくあるような演技臭い犯罪ドラマばかり放送するのではなくサザエさんのような平和なアニメがフィリピンには必要なのではないだろうか

フィリピン人はこんなことで笑ってくれるの!?とたまに驚く。それほど笑いのツボが広いのだ。
フィリピン人にとって理想的な家族環境、日常的な笑い。これだけでフィリピンではそこそこの人気アニメになるとアンジーは思っている。

しかし実際に人気がある日本のアニメはナルトやワンピースやドラゴンボール。最近では進撃の巨人や七つの大罪。

まあ派手好きなフィリピン人達にとってはそんな現実とはかけ離れたアニメのほうが受けるのかもしれない。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

フィリピンについて聞きたいことがあればメールください!!

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です