テレビで流れているフィリピンなんて作り物

こんにちは。

フィリピンのショッピングモールの店員多すぎ。管理人のアンジーです。

アンジーが日本人にフィリピンに住んでいると言うと多くの人はフィリピンは危ないだったり、フィリピンは汚いなどのマイナスのイメージばかりです。

さらにフィリピン人はゴミ拾いして暮らしているなんていっていた人も何人かいた。

そこで気になったアンジーは過去にテレビで放送されたネットに転がっている動画を見てみました。

今回はそんなテレビで放送されるフィリピンについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

テレビで紹介されるフィリピン

悪いイメージばかり放送されている

テレビで放送されているフィリピンで多いのがフィリピンのスラム街へ行ってみたなんて内容。
確かに危険な場所へ行く企画は視聴率が上がるので仕方ないと言えば仕方ない。
しかしテレビの影響力というのは想像以上に大きいのだ。

大きな番組でフィリピンは危険という内容で放送すれば視聴者はフィリピンは危険なんだと思うだろう。
確かにフィリピンにはスラム街が存在する。

スラム街が存在するのは事実なのだが、それはフィリピンのごく一部なのだ。

そのごく一部がテレビで放送されることによってフィリピンのイメージが出来上がってしまう。

だからフィリピンに住んでいますと言うと多くの人は

「こいつあんなに危険な国に住んでいるのか。」

なんてことを思ってしまう。たまったもんじゃない。

汚いイメージが定着している

確かに日本と比べたらフィリピンは色々な意味で汚いだろう。そこを否定はしない。

しかしテレビでは過剰に汚さや治安の悪さをアピールしている。これがテレビのやり方、視聴者の獲得の方法だと言われたら言い返せないが、こんな例がある。

ある番組でタホという豆腐に黒蜜とタピオカをかけて食べるストリートフードがある。そこでリポーターがタホを食べるとVTRを観ているスタジオの芸能人たちは汚いと言ってドン引きしていた。

え?私、何の抵抗もなくよく食べますけど?

しかしこれが現実なのだ。アンジーが普段何も気にせずに食べている物がテレビを通して汚いと認識されてしまった。
こんなのは氷山の一角に過ぎないだろう。

以前にマウンテンスモーキーというゴミ拾いをしている少女の特番をやっていた番組があった。
実はアンジーもフィリピンに全く興味がなかった頃にその番組を観てフィリピンはこんなゴミが多い国なんだと思ったことは今でも覚えている。

しかしスモーキーマウンテンもフィリピンのごく一部に過ぎない。しかしそこが注目されフィリピンのイメージができてしまうのだ。

確かにアンジーがこんな規模の小さいブログでこんなことを語っても納得する人は少ないだろう。しかしこれがフィリピンで暮らしている日本人の正直な意見なのだ。

 

ではまた次の記事で。ば~い。

 

フィリピンについて聞きたいことがあればメールください!!

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です