フィリピンで日本人のおじいちゃんがいじめられていた。

こんにちは。

フィリピンのドラマは演技臭い。どうも管理人のアンジーです。

フィリピンに住んでいる日本人はたくさんいます。駐在員、フィリピンでビジネスをしている方、フィリピン人を追っかけてフィリピンに移住した方。

フィリピンにいる日本人は他の国にいる日本人に比べて年齢層が高いのは明らかです
しかしフィリピンのような国で年寄りの日本人というのは悪い人たちに狙われやすいんです。

今回の記事はそんな日本人のおじいちゃんがフィリピンでフィリピン人たちにいじめられていた時の話を書いていきます。

スポンサーリンク

フィリピン人にいじめられる日本人

ある天気の良い昼頃にアンジーは友人と一緒に地元のカレンデリアで小腹を満たしていた。

その時に

「やめろ!」

と大きな声が聞こえた。

普段生の日本語を聞いていないアンジーはその声に敏感に反応した。しかしこんな昼間から日本人が叫んでいるわけはないと思い、食い続けていた。

すると店員さんが外に出て何かを見ている。やはり何かあると思ったアンジーは友人と二人で外に出た。

なんとカレンデリアと対面しているコンドミニアムの入り口で70歳くらいの日本人がフィリピン人と格闘していた。格闘といってもフィリピン人の一方的な攻撃だった。

フィリピン人はその日本人を捕まえようとしていたが日本人もおじいちゃんとは思えないほど俊敏な動きでフィリピン人の攻撃を華麗に受け流していた。

しかしそこにぞろぞろとフィリピン人が集まってくる。中にはその戦闘に参加するフィリピン人も現れた。

まさに弱いものいじめだ

日本のどこかで見た集団いじめのような光景だ。

もちろんアンジーも参加して日本人を助けたいと思ったが、事情も分からずに日本人がトラブっているというだけで助けに行ける状況ではなかった。

時間が経つにつれおじいちゃんの体力も限界になってきたのかかなり疲弊している。さらに野次馬はどんどん増え、とんでもない事態になってしまったと思っていた。

そこへ警察官が登場

今まで相当な数のフィリピン人にも屈していなかったおじいちゃんも警察官を見た瞬間すぐに降参。英語もタガログ語も話せないのか警察官にたいして必死に身体を使って説明している。

しかしその説明が通じるわけもなく日本人のおじいちゃんは警察官に連行されていった。

その後日本人がどうなったかは知る由もないが、フィリピンという外国ではこういった理不尽なことが起こっても人々は仕方ないと言うだろう。フィリピンにいる人が悪いんだと。

たまったもんじゃないぜ!!

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

フィリピンについて聞きたいことがあればメールください!!

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です