フィリピンで韓国人に見間違えられて大量の石を投げつけられた話

こんにちは。

マニラで話しかけてくるフィリピン人、大体オカマ。管理人のアンジーです。

今回はタイトル通りフィリピン人が石を大量に投げてきたときのことを書きます。

フィリピンでは日本人は外国人。私たち日本人にとっても外国人をみると心のどこかで部外者と思ってしまうこともありますよね。

フィリピンには外国人が多いため外国人に寛容ですが、やはりフィリピンにいると自分は外国人なんだなと実感することが日常的に起きてきます。

それでは

スポンサーリンク

ストーリー

あの時はアンジーが夜遅くに夜食を買いにコンビニへ出かけたときの事件だった。

アンジーが無事に買い物を終え、いつもの道を歩いて帰っていると少し先の道端で5人ほどの柄の悪いフィリピン人がこちらを睨んでいる。

アンジーは睨み返して何かされるのが嫌だったため無視して早歩きで通り過ぎようとしていた。

するとそのうちの二人がアンジーの邪魔をするように道を塞いだのだ。勘弁してくれよと思いながら目も合わせず無言で通り抜けようとした。

その時にアンジーは衝撃的な言葉を耳にしたのだ。

道に出てきていたうちの一人が韓国人が何とかと言っていた。どうやらこのフィリピン人たちはアンジーを韓国人と勘違いしていじめてきていたのだ。

強引にその二人を押して通り抜けると後ろで韓国に帰れと叫んでいる。そして石が飛んできたのだ。最初は一人だけ投げてきていたのだが全員が投げ始め大量の石がアンジーへ降ってきた。

たまったもんじゃないと思い、全力でコンドミニアムまで走った。

その後そのフィリピン人たちはみかけない。

たまったんもんじゃない

この日本人が韓国人に間違えられるという現象はフィリピンに住んでいると珍しくはない。

しかし韓国人に間違えられた上、韓国に帰れと石を投げられてはたまったもんじゃない。そもそも韓国にはいったことすらないのだが?

フィリピン人が日本人と韓国人をどうやって区別しているのかはまだ不明だが、大半のフィリピン人はアンジーの事を韓国人だという。

学校ではもはやこんにちはよりもアンニョンハセヨと言われることが多いくらいなのだ。

フィリピン人の友人曰く、若い東アジア系の人は全員韓国人に見えるらしい。逆に日本人と言うと歳を召した東アジア系というイメージだということ。

アンジーは韓国が嫌いというわけではないので韓国人に見間違えられること自体が嫌だという事ではないが、韓国人に見間違えられて恨みを買ってしまうのは本当に勘弁していただきたい。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です