フィリピンの路上で焼いている魚食べたらドブの味だったwww

こんにちは。

フィリピンのリンゴは芸術的。どうも管理人のアンジーです。

フィリピンの物価は安いと言われますよね。しかし実際にフィリピンにあるレストランに行ってみると案外値段が高くて驚くこともあると思います。
フィリピンの物価は日本の物価の10分の1だとか5分の1だとか書いてあるブログやサイトもありますが、今のフィリピンはそこまで物価が安いとは思えません。

では給料の低いフィリピン人はどうやって食べているのかというと、安いカップ麺を買ったり路上のストリートフードなどを食べて生きています。

アンジーも最近ではストリートフードを食べるようになりました。麺系と焼き肉系は安くておいしいのですが、一つだけ絶対にオススメしないものがあります。

焼き魚です

これだけはやめておいてください。

ということで今回の記事はフィリピンの道で焼いている焼き魚は食べない方がいいという事を紹介します。

スポンサーリンク

フィリピンの路上の焼き魚は食べちゃダメ

フィリピンにはストリートフードが多くある。

一般的な日本人からしたらフィリピンの路上に売っているストリートフードなんて食わねえよ!なんて人が大半だとは思う。
アンジーもフィリピンへ来て間もない頃はフィリピンの水や食べ物に毎日お腹をやられてトイレに閉じこもっていた。

しかしフィリピンに住んでいて現地の人たちの交流も深くなってくるとどうしてもローカルの食べ物を一緒に食べることがある。

印象とは逆で案外おいしいカレーラーメンのようなのもは50円くらいで腹の満たしになる。味もそこそこいける。
フィリピン流の焼き鳥も一本25円くらいで味もかなりおいしい。

そして問題の焼き魚。

フィリピンの魚は高級なレストランの魚を除いて基本臭い。それがストリートフードの魚ともなるとどうなるだろう?

焼き魚なので焼いていればいい匂いに釣られて食べたくなる。そこで釣られたのがこの俺、アンジー。
何の種類かもわからない魚。目は濁っている。

そして食べた瞬間まるでどぶにいるザリガニを食べているかのような味がした。

これが魚だとは到底思えないような生臭さ。そしてアンジーは確信した。数時間後にやってくる腹痛を。

案の定、フィリピンの食材に慣れている筈のアンジーは強烈な腹痛に襲われた。

もしもフィリピンのストリートフードに挑戦したいと思っている人がいるのならば焼き魚だけはやめておいた方がいい。味も最悪で腹痛も起きることは明らかですよ。。。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

フィリピンについて聞きたいことがあればメールください!!

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です