フィリピンって庶民からしたら地獄じゃない?

こんにちは。

フィリピンには有料のトイレがある。どうも管理人のアンジーです。

フィリピンの物価は安いと言われています。実際に住んでみても日本人からしたら物価は安いと言えるでしょう。

しかしそれは日本人からみた物価。フィリピン人にとってこの物価は安いのか高いのか気になりませんか?

ということで今回の記事はフィリピンの物価はフィリピン人からみて高いのか安いのかを考察していきます。

スポンサーリンク

フィリピンの物価

フィリピンの物価は安いけど

確かにフィリピンの物価は安い。しかしあくまでもそれは日本人だからなのだ。

日本は貧富の差がそこまで大きくなく、中間層が大きな割合を占めている。しかしフィリピンは貧富の差が顕著にでている。フィリピンの金持ちは大きな家に住み、メイドを雇い専属ドライバーまで雇うほどだ。
反対に貧乏人は狭い部屋で明日の食べ物さえもない暮らしをしている。

そして一番問題なのは働き口がないということ

フィリピンは日本よりも学歴社会だと言われている。貧乏人は学校にも行けない。すると必然的にいい仕事には就けなくなってしまう。これの繰り返しなのだ。

金持ちの子供はフィリピン流のコネと金でいい仕事を手に入れる。これではフィリピンの貧富は縮まらない。しかしこれが今のフィリピンの現実なのだ。

まさに地獄

日本人の中間層でも金持ちになれる?

日本人の中間層の年収を500万円だとする。

フィリピンに日本円で500万円の給料を貰っていたら金持ちとは言えなくてもそこそこの生活はできる。しかしこの中間層というのがフィリピンでは少ない。

このフィリピンの貧富の差というのはフィリピン人が一番理解しているだろう。

以前にケンタッキーで並んでいたら何日も風呂に入っていないと思われるくらい貧乏そうな人が入店してきた。席に座っていたおばさんは露骨に嫌な顔をし、店員もチラチラとその人の顔を見ている。要はケンタッキーにそういった人が来るのが珍しいのだ。

道端の露店で食べれば40円以内で食べることができる。カレンデリアという簡易レストランのような場所で食べても100円くらいで済んでしまう。
それをケンタッキーで同じ量食べるとなると数倍の値段になってしまう。

まとめ

この国ではまともに教育を受けられない子供が多すぎる。

今では犯罪者を撲滅させる政策が施行されているが、フィリピンの貧富の差の解決もしないと国として中々成長できないのではとは思う。

あるフィリピン人がこんなことを言っていた。「フィリピンの富裕層は貧困層を見てすらいない。」と。貧富の差を縮めようとする政策が考案されても富裕層がそれを潰しにかかっていると聞いたことがある。

これではいつまで経ってもフィリピンは庶民にとって地獄の国なのだ。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です