フィリピン人の歌が上手すぎるこれだけの理由

こんにちは。

セブよりもマニラの方が絶対に楽しい。どうも管理人のアンジーです。

あなたは一般人のフィリピン人の歌を聞いたことがありますか?

多くの日本人は聞いたことがないかもしれませんがフィリピン人の歌唱力は高い。これはアンジーが保証します。

ここで自慢させていただきますが

アンジーは歌がクソ下手です!!

どのくらい下手なのかと言いますと、友人とカラオケに行けば下手すぎて笑いを通り越し引かれるレベルなのです。

ということで今回の記事はフィリピン人の歌唱力に憧れたアンジーがフィリピン人の歌唱力に近づくために研究します。

スポンサーリンク

フィリピン人は歌が上手い

フィリピン人は普段から歌いまくっている

フィリピンのショッピングモールの電気屋にはお客さんが歌えるカラオケの機器が置いてある。

フィリピン人のすごい所は人前で平気で歌えてしまうこと。確かにあの歌唱力があれば歌いたくなるのかもしれないが歌ヘタ選手権にも出場できそうなアンジーには一生できそうにない。

フィリピン人の声は基本的に高い。男女問わずだ。そのため透き通った声で歌えるのだ。そして感情を表に出すのが得意なのか心がこもった歌声で歌えるのだ。ショッピングモールを歩いていてカラオケの歌が聴こえるとなぜか興奮する。

そもそもフィリピン人は普段から鼻歌を本気で歌う。そのため自然に歌の練習をしているのだ。

フィリピン人は普段から叫びまくっている

タガログ語の会話を聞いたことがあるだろうか。アクセントがない日本語に対してアクセントが強いタガログ語は日本人から見たら喧嘩しているかのように思える。

友達同士の会話ならば日本人がびっくりするほど叫びまくるのだ。恐らくそういう言語なのだろうがあの叫んでいるような話し方には正直引いてしまう。

あれだけ普段から叫ぶような話し方をしていれば喉が鍛えられて歌が上手くなるのも納得できる。

ブルーノマーズがフィリピン人のハーフだと!?

アンジーも知って驚いたのだがブルーノマーズはフィリピン人のハーフ。

フィリピン人の血が混じっているから歌が上手いわけではないと思うが少なくともフィリピン人の母親から歌に関して何か学んだことだろう。

フィリピンでは音楽に触れる機会が多い

例えば日本のコンビニへ行くと音楽が流れている。しかしゆるい音楽であったり、そのコンビニのテーマ曲だったりする。一方フィリピンのコンビニではガンガンに洋楽が流れている。

街を歩いていてもどこかしらから音楽が聴こえます。また、家の中でも近所迷惑を気にせずに爆音で音楽を流しているフィリピン人も多く見かける。

そう考えると日本人とフィリピン人では音楽に触れる機会が違いすぎるのかもしれない。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です