今のフィリピンの物価はもはや魅力的ではない

こんにちは。

フィリピンはネットカフェが充実してる。どうも管理人のアンジーです。

アンジーが独断と偏見で思う東南アジアの特徴

1.物価が安い

2.治安が悪い

3.女の人が胡散臭い

です。そこで実際に旅行に行くとして気になるのは治安と物価でしょうか。
日本のバブル全盛期にフィリピンの物価は安いと言われ多くの日本人がフィリピンに訪れ暴れまくったと聞きます。

そして現在2017年。フィリピンの物価は今はどうなったのか。まだ安いといえるのか。それとももう行く価値がない程フィリピンの物価は上がったのか。

今回の記事はそんな今のフィリピンの物価について紹介していきます。

スポンサーリンク

2017年現在のフィリピンの物価

もはや安いとは言えない

フィリピンで実際に生活して感じるのはフィリピンの物価はそこまで安くないという事。

アンジーの個人的な意見ではあるが日本のような安全で清潔な国から物価が安いからという理由で移住するのはやめておいた方がいい。フィリピンで日本レベルの生活をしようと思うと確実にフィリピンのほうがお金がかかってくるだろう。

特におじさんたちにはフィリピン人の生活に合わせるのは困難なため、フィリピンに移住してもそこそこの収入が無ければ満足な海外生活は送れない。

アンジーのような汚い所で安いものを食べていても平気だよという若者からしてみたらフィリピンの物価はまだまだ安いと言えるのかもしれない。

ここで今のアンジーの生活にかかっている費用を紹介する。

家賃ー2万円程度

光熱費ー3000円程度

食費ー6万円程度

娯楽費ー2万円程度

その他ビザなどー1万円程度

普通の一人暮らし生活をしているアンジーでこの位かかっている。ここにフィリピン人の彼女がいたり家族がいたりするともっとかかってくるだろう。

食費高すぎるだろ!と思う方もいるかもしれないがアンジーは食に全力なのだ。さらに自炊をすると友人たちに分けに行くためここまで高くなってしまうがまだまだ節約の余地は十分にある。

まとめ

ある駐在員の方がこんな事を言ってた

フィリピンでの生活は日本よりもお金がかかる

やはりフィリピンで日本人は外国人。いかに物価が安かろうと何かとお金は掛かってくるはず。

しかしフィリピンにいる日本人でも少ないお金で生活できている日本人がいることもアンジーは知っている。

上手く生きていく人はどこの国に行っても賢く生きていくのだ。逆にひと時の感情に流されたり、表面上の物価だけを見て判断すると痛い目に遭うのは明らかなのだ。

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です