フィリピンの警備員のショットガンは弾が入っていない説

こんにちは。

フィリピンでiphoneを持っていると自慢できる。どうも管理人のアンジーです。

世界的にも治安が悪いフィリピン。そんなフィリピンで暮らしていくにはどう自分を守っていくかが大切になります。

そしてフィリピンには至る所に警備員がいます。特に大きな店には必ずと言っていいほど店の前に警備員がいます。そして彼らの特徴といえばそう、あのゴッツイショットガンです。

フィリピンに初めて来た人はその光景にびっくりすることでしょう。日本ならショッピングモールに入る時、持ち物検査すらありませんからね。

しかしフィリピンに長く住んでいますが今まで一度もあの銃が活躍している場面を見たことがありません。

そこで一つの疑問が浮かんできました。

ということで今回の記事はフィリピンの警備員のショットガンには弾が入っていないのか説を検証していきます。

スポンサーリンク

フィリピンの警備員の銃は弾が入っていない説

フィリピンの大型ショッピングモールの入り口には警備員がショットガンを構えて立っている。

その姿を見た日本人はどれだけフィリピンの治安が悪いのかと疑うかもしれない。実際にアンジーが初めてショッピングモールの前でショットガンを構えている警備員を見た時は衝撃を受けた。

そしてフィリピンで暮らしてもう長い。ショットガンを持つ警備員を見ても何も感じなくなった今、アンジーはあることに気が付いた。

あのショットガンおもちゃじゃね??

あまりのショットガンの活躍の少なさにアンジーはショットガンは偽物なのかもしれないと疑惑を持ち始めたのだ。

しかしよく見てみるとやはり本物なのだ。使い古されている感は否めないがやはりあの銃が偽物のおもちゃという事はないだろう。しかしアンジーはある大変なことに気が付いてしまった。

トリガーがない!!

そう、あのショットガンにはトリガー、すなわち引き金がないのだ。

恐らくあれらの銃は犯罪者に対する威嚇の意味で持っているのだと思う。アンジーのように気づく人もいれば気づかない人もいるだろう。そう考えるとショットガンを持っているだけで犯罪の防止につながるのだ。

よく考えたらあの素人の警備員がショットガンを使いこなせるなんて到底思えない。もしも犯罪者が現れて撃ってしまえば民間人が被弾してしまう可能性が非常に高い。

現地のフィリピン人たちがこのことを知っているのかは定かではないがこれが犯罪の抑止力となっているならいいのではないかと思う。

もっとも、頭のいいフィリピン人は気づいているでしょうけどね。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

フィリピンについて聞きたいことがあればメールください!!

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です