ホールドアップ急増!?フィリピンの麻薬戦争の代償

こんにちは。

フィリピンで無理して現地のフィリピン人と同じ格好をする日本人、無意味ですよ。どうも管理人のアンジーです。

フィリピンの大統領がドゥテルテ大統領になってから流れてくるニュースは麻薬戦争に関わったことばかりです。今や警察の不正が多すぎて軍に麻薬取締の業務を引き継がせました。

やはりこういった警察の不正が表立ってくると改めてフィリピンの現状が理解できますね。そもそも警察が犯罪者を撃っていいなど個人的には大反対です。

もっとやれという人がいますが過激になればなるほどその副作用や代償になるものが出てきてしまいます。

ということで今回の記事はフィリピンの麻薬戦争の代償について現地で感じたことを書いていきます。

スポンサーリンク

フィリピンの麻薬戦争の代償

麻薬で稼げなくなった人たち

今まで麻薬で稼いでいた麻薬の売人はこのドゥテルテ大統領の政策を機に足を洗うことを決意するのかもしれない。

しかしもちろんそういった人たちに新たな仕事はない。

正直フィリピンの就職事情というものは厳しすぎる。一般人でも中々就職先が見つからないといった状況で悪人たちの就職先が見つかるわけがない。

すると彼らは何を考えるだろうか?

簡単なホールドアップなどの犯罪なのだ。フィリピンの悪人たちにとってはホールドアップは比較的に簡単にできる犯罪といってもいいだろう。しかし被害者からしたら恐ろしい犯罪であり、どこかで麻薬が売られていることよりも厄介な犯罪になる。

フィリピンのニュース番組では毎日のようにホールドアップで殺されている人のニュースが出ている。知り合いにもホールドアップの被害にあった人は何人もいる。ホールドアップの被害を受けお金を盗られるだけならフィリピンで生活しているから仕方ないとも言えるが、命まで奪われてはもうたまったもんじゃない

実際にホールドアップが急増している!?

やはりフィリピンの麻薬戦争の代償はあったのだ。

最近ではホールドアップの被害を以前よりもよく耳にする。おっかない話だ。アンジーもアイスピックを持ったホールドアップには遭ったことがある。その時は走って逃げて何も盗られなかったのだがもしも銃などの勝ち目がない武器でホールドアップされたら逃げるなんて考えない方がいいだろう。

知り合いの話ではつい最近近所のおばさんがホールドアップで命を落としたとのこと。

そして何よりも狙われやすいのは外国人なのだ。日本人や韓国人を筆頭としたフィリピンによくいる外国人はホールドアップのターゲットになりやすい。

アンジーのように貧乏人でも狙われる可能性は十二分にある。さらに最近では韓国人が警察官に殺された事件も発生しているが、やはり日本人や韓国人などの東アジア人は狙われやすい。

アンジーも今は平気で夜中に一人でマニラの街を歩くこともあるがこれは絶対にやめておいた方が身のためだろう。

信じられるのは結局自分

フィリピンのような国では他人を信用しすぎてはいけない。同じ日本人だからといって簡単に信用すると痛い目に遭うだろう。

実際にアンジーは基本的にフィリピンにいる日本人を信用していない。特に会おうと言ってくる日本人など軽くあしらっている。特にマニラでは常に警戒しておく必要がある。

タクシーに乗れば運転手が悪人の可能性がある。ジープに乗ってれば目の前の乗客が銃を持っている可能性がある。よく日本人が現地の人と同じような格好をすれば大丈夫みたいなことを言っているが、あんなのは気休め以外の何でもない。

今のフィリピンでは数年前よりもより注意してフィリピン生活を送る必要があるとアンジーは実感しているのだ。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

フィリピンについて聞きたいことがあればメールください!!

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です