フィリピンで5歳くらいの子供にタバコをせがまれた話

こんにちは。

好きなお茶は綾鷹。どうも管理人のアンジーです。

あなたがもしも小さな子供にタバコをくれと言われたらどうしますか?

以前にユーチューブで子供にタバコをせがまれたらどうするのかというドッキリの動画を観たのですがほとんどの大人たちは子供を注意していました。しかし中にはタバコを渡す人もいました。

小さな子供がタバコを吸っている光景を日本では一度も見たことはありません。フィリピンでも小さな子がタバコを吸っている光景を見るのは珍しいでしょう。

しかし中にはまだ5歳くらいなのに両親がいなくてストレートチルドレンになってしまっている子供もフィリピンにはたくさんいます。

そして今回の記事はそんな5歳くらいのストリートチルドレンにタバコをせがまれた話を紹介します。

スポンサーリンク

フィリピンでタバコをせがまれた話

フィリピンでストリートチルドレンを見かけるのはよくある話。

最近のストリートチルドレンは極度に痩せているとは感じない。もしもアンジーがタガログ語を話せるならば直接聞いてみたいところではあるが、何しろ話せないからどうやって食べているのかを聞く術がない。

ストリートチルドレンが食べていけているのはいいことだと感じるのだがもしも乞食をしてお金をもらっているのならば子供たちがタバコや麻薬に手を出してしまう危険性もあるということだ。

そこに関してはしっかりとした教育者がいない上、フィリピンではお金さえあれば比較的簡単にタバコが買えてしまう。必然的にストリートチルドレンがタバコに関わる機会というものが多くなってしまうのだ。

そしてアンジーにはこんな経験がある。

コンビニの前でコーラを飲んでいるアンジーに5歳くらいの二人組のストリートチルドレンが近づいて来てコンビニで何か買ってくれと頼んできた。もちろん相手はタガログ語と英語を混ぜて話しているためしっかりと理解しているわけではない。

弁当くらい買ってあげようかと思い、何が欲しいか聞いてみると驚きの答えが返ってきた。

タバコとライター

は?

いやいや5歳くらいでタバコはご法度でしょう。どこかの大人に頼まれて言っている可能性も否定はできないが恐らく自分たちで吸おうと企んでいるだろう。

もちろん答えはノー。

おそらくここでアンジーが断ってもまたこの子たちは他の人にタバコをせがみに行くだろうと思ったアンジーは一喝入れるべきだと思った。

しかしここで少し冷静になってみた。今のアンジーにこの子たちを説教する資格はないと思ったからだ。アンジーは今まで個人的に食べ物を買ってあげたことは何度かあるが特にストリートチルドレンに対して寄付をしたなどの事はしていない。

そんなアンジーがこの子たちに説教しても自己満足になるだけだと思った。そしてアンジーにできたことは少し強めに拒否することだけだったのだ。

フィリピンのストリートチルドレンの問題は根強い。いくらフィリピンの経済が成長しようがストリートチルドレンは減らない。

フィリピンのストリートチルドレン問題も今の麻薬戦争のように政府が本腰を入れて対策しなければ解決しない問題ではないのかとアンジーは思っている。

 

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です