日本人ブランドを使ってフィリピン人をナンパした結果www

こんにちは。

フィリピンの街中では上裸の男たちが歩いている。

俺は日本人。

多くの日本人がフィリピンで日本人はモテモテだと言っていた。俺はその言葉を信じていた。いや、信じたかったんだ、なぜなら俺にはモテたいという願望があったから。

日本人でもフィリピン人でもアメリカ人でもよかった。ただ俺はモテたいという一心だった。そして大きな期待を胸に俺はフィリピンへと移住した。

騙された…

俺は日本人に騙された。全くモテやしないではないか。

いや待てよ、もしかしたら俺の顔が問題なのか?それとも俺が臭いのか?一体何なんだ!!
分かったぞ。もしかしたら俺が日本人に見えないからなのか。

確かに恰好がクロックスに安そうなジーパン、色の禿げたTシャツ、伸びきった髪の毛。これではモテる以前の問題だぜ。という事で日本人アピールをしながらナンパするのが一番だ。

ということで俺はナンパをすることを決意した。

しかしビビりの俺にナンパ経験はもちろんない。それどころか女の子と話したことすら慣れていない。そんな俺はナンパの仕方の入り方すら分からない。そもそもナンパって何?おいしいの?レベルの話なのである。

ここで最初に断っておく。俺のナンパは一般人からしたらナンパとは言えないだろう。

勝負の時は来た。狙うはロビンソンモールで働くフィリピン人。俺はできる限りの分析をした。俺が今持っているもの。そうそれは日本人ブランドと若さ。しかし残念なことに俺には金がない。果たして金がない俺が日本人ブランドを名乗れるのかが心配だが、そんなものは俺には必要ない。持ち前の肌の白さでカバーしてやる。

そして俺は勇気を出して話しかけた。

A「あの、時計売り場はどこにありますか?」

T「あちらになります」指をさして

A「分からないので案内してもらえませんか?」

T「了解です。ジョニー!!」

え?今ジョニーって読んでたけど誰?と思った矢先、オカマらしき男がこちらへ勢いよく向かってきている。俺は察した。この女の子はオカマに俺の相手をさせようとしているのか!?まさかナンパ目的だという事がバレたのか!?

そして俺はこのオカマに散々つき合わされた。もうオカマはお腹いっぱいだ。俺は美女と会いたい。俺は美女と付き合いたい。フィリピンに来ればその夢は叶うと思っていた。しかし現実は違った。所詮お金を持っていない日本人なんてこんなもんよ。

あーあ。バロットでも食お。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


2 件のコメント

  • 25年ほど前、セブに行った時、どこいっても女は?男は?
    としつこく尋ねてこられました。
    一番驚いたのはお母さんが我が子を私に売り飛ばそうとするのです・・・

    フィリピンて今でもあんな感じなんでしょうか?

    • コメントありがとうございます。

      セブには行ったことがないのでわかりませんが、マニラでは未だに起きている現実ですね。
      フィリピンに限った話ではありませんが、日本人からは到底理解できない考え方ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です