定番!みんな大好きなフィリピン料理

こんにちは。

フィリピンではティッシュが高級品。どうも管理人のアンジーです。

フィリピン料理、食べたことありますか?

もちろんフィリピンに居れば当然食べますがイタリア料理やフランス料理とは違い日本では中々食べられません。アンジー自身もフィリピンへ行くまで食べたことがありませんでした。

そもそもフィリピン料理なんて絶対不味いでしょと思っていたくらいです。アンジーだけではない筈です。フィリピン料理を一度も食べたことのない人ならそう思っていることは間違いないでしょう。

でもフィリピン料理、案外うまいんです。

ということで今回の記事はフィリピン料理は日本人の口に合い、おいしいということを紹介します。

スポンサーリンク

フィリピン料理は美味い

味付けは日本人好みも多い

フィリピン料理の味付けは基本的に日本人好み。醤油やお酒を使った料理が多く、中国料理のような変な草が入っているなんてことはない。

特に今の日本の若者には好まれるだろう。フィリピン料理ということで少し不味いという先入観があるかもしれないが食べてみると案外おいしいことに気づくだろう。実際にアンジーの日本人の友人もフィリピンへ旅行に来てフィリピン料理を食べに行ったら満足していた。

しかし日本の和食のような味の薄い料理が好きな日本人はフィリピン料理が苦手かもしれない。フィリピン料理は味付けが濃く、油もふんだんに使う。

フィリピン料理は健康に悪い

いや、和食が健康に良すぎるという説はある。健康に気を遣っている老人の方にはフィリピン料理は本能的に美味しくないと感じるのかもしれない。

日本人が好みそうなフィリピン料理

SISIGU(シシグ)

シシグはフィリピン3大料理のうちの一つだ。

豚や鶏や魚のシシグがあるが個人的なオススメは豚のシシグ。というよりも主流は豚肉。現地のフィリピン人は酒のつまみにシシグを食べることもある。アンジーはビールが飲めないがシシグがビールに合うだろうということは何となくだが想像できる。

昔、お金持ちのフィリピン人に本格的なシシグ屋に連れて行ってもらったがあまりのおいしさに驚いたくらいだ。もちろん屋台に売っているシシグもおいしいのだがフィリピンへ旅行するなら本格的なシシグを食べてみるとフィリピン料理にに対する見方が一変すると思われる。

ADOBO(アドボ)

これもフィリピン3大料理のうちの一つ。

豚肉や鶏肉を醤油と少量のお酒で煮込む料理。フィリピン人なら大半の人が作れると言っても過言ではないほど手軽に作れてしまう。ご飯によく合い、ご飯好きなフィリピン人にとっては欠かせない料理だろう。

フィリピン人に料理を作れるかと尋ねるとアドボは作れるという人が多い。それほどメジャーなのだろう。

SINIGANG(シニガン)

 

これまたフィリピン3大料理の一つ。

はい。アンジーがフィリピン料理で一番好きなシニガン。

フィリピンへ来て初めてシニガンを食べたときは酢の味が強いシニガンに驚いてこんな不味い料理一生食うかと思っていたが今では腹が空くたびにシニガンが食べたくなる。あのしょっぱさが癖になってしまうのだ。

このシニガン、作る人によって味が全然違うのだ。個人的にはビーフシニガンが一番おいしいと思う。魚のシニガンももちろんおいしいがフィリピン産の魚はものすごく臭くておろえぇぇぇぇぇぇぇっと吐きそうになってしまう。

LECHON(レチョン)

 

フィリピンのお祝い事の時には欠かせないレチョン。

最早この料理は語るまでもなく美味しくて当然なのだ。鉄棒でぶら下がり豚の丸焼きなんて小学生の頃言っていたがまさにこのレチョンこそが豚の丸焼き。

子豚を使うため脂っこくなく絶品。しかし高い。フィリピンの庶民ならばいくらお祝い事と言えど簡単に手が出る代物ではない。食べる方法はある程度お金を持ったフィリピン人のパーティーへ参加することが一番簡単な方法ですね(苦笑)

日本人の口に合わないであろうフィリピン料理

フィリピン料理の中にはもちろん日本人の口に合わないだろう料理もある。紹介していきたい。

ISAW(イサウ)

この料理、鶏の腸の焼き鳥。

フィリピン人に絶対美味しいから食べてみてと言われ食してみたら見事に吐き気を催すほどの不味さだった。粘土を食べているかのような食感とアンジーが大嫌いなレバーのような味。まさにゲテモノだった。

BALOT(バロット)

フィリピン料理の話題になると欠かせないのがこのバロット。ひよこの卵を茹でたもので中にはグロテスクな光景が待っている。

どうやら精力増強の効果もあるらしいがD(童貞)のアンジーにはそんなものは必要ない。

味は正に塩味の茹で卵。正直ゆで卵ではなくこのバロットを食べる発想がアンジーには理解できない。よく友人のフィリピン人が隣でバロットを何個か食べているがひよこをほじくって食べているようで見ていて気持ちの良いものではない。

DINUGUAN(ディヌグアン)

豚肉を豚の血で煮込んだ地獄のようなフィリピン料理。

確かに味はそこまで不味くはないのだがとにかく色に問題がある。なぜかこのディヌグアンを食べると次の日腹がピーピーになる。

この料理少し酸っぱさがあってご飯にもあまり合わない。世の中見た目で印象が決まってしまうと言われているがまさにこの料理は見た目から死んでいる。

まとめ

フィリピン料理にはまだまだ日本人が好みそうな料理がたくさんある。フィリピンは汚いというイメージが日本人にはあるためフィリピン料理はマイナスイメージが強いかもしれないが案外イケる。

またフィリピンに住んでいると日本料理の素晴らしさを実感できる。フィリピン料理は種類が少ないように感じるし、日本で育ってきたアンジーにとってはフィリピン料理の濃い味に味覚が麻痺してきている。

健康志向の日本でフィリピン料理が流行ることは中々難しいことなのかもしれない。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です