フィリピンの救急車が渋滞にハマって動いてないじゃん

こんにちは。

フィリピンのアイスの値段は高い。どうも管理人のアンジーです。

もしもフィリピンで急に心臓が痛くなったらどんな行動をとりますか?

フィリピンでは117にダイヤルすると救急車を呼ぶことができます。アンジーはフィリピンの首都マニラに住んでいますがよく救急車を見かけます。よく考えればフィリピンの治安上、もっと多くの救急車が行き交っていてもおかしくないのですが車両の数不足ということもあるのでしょう。

そして一番の問題点は

救急車が渋滞にハマっている

あの光景を見ると救急車の意味ないじゃんwと思ってしまいます。

ということで今回の記事はフィリピンの救急車が渋滞にハマっている件ついて紹介します。

スポンサーリンク

フィリピンの救急車は渋滞で動けない

特にマニラの渋滞は酷い

フィリピンの首都マニラに住んでいて感じることですが、とにかくマニラの渋滞はすごい。そんな中救急車がサイレンを鳴らして走っていても避けることなどできないのだ。

中には救急車の前に割り込む野郎もいる。そんな光景をジープの中からよく眺めているのだが患者にとってはたまったものではないだろう。

この渋滞にハマっている時間が想像以上に長い。そのため病院に着けば助かる筈の命もこの渋滞のせいで危険に晒されてしまう。

呼んでも来ない

フィリピンで救急車を呼んでも中々来てくれない。日本では通報から救急車到着までは平均6分と言われているがフィリピンだとこれの数倍は掛かってしまう。

以前に家の近くの駅で人が泡を吹いて倒れていた。そこで駅員が救急車を呼んでいた。アンジーも第一発見者のうちの一人だったので救急車が来るまで待っていたが全く来ないのだ。

周りに医者らしき人はいなく全員が困惑していた。通報してから45分くらい経ってやっと救急車が到着したがそのころにはその患者も意識を取り戻していて、救急車は必要ない状況になっていた。

これは結局救急車が必要なかった例だが、本当に救急車が今すぐ必要だという時に来てくれない。こういった状況を見ていると日本のインフラがどれだけ整っているのかというのを感じることができる。

過度の期待は禁物

日本であれば救急車を呼べば何とかしてくれるだろうと思える。しかしフィリピンの救急車には過度の期待をしない方がいいだろう。

救急車を呼んでも絶対に来てくれる保証はない。来てくれるとしても遅くなるというのは覚悟しなければならない。

フィリピンでは人が簡単に死ぬ。日本では大きく取り上げる事件でもフィリピンではニュースにもならないことがある。そんなフィリピンで救急車が来ないなんてことは当たり前で、平均6分で到着する日本の救急車のほうが変態なくらいなのだ。

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です