タガログ語勉強の極意

こんにちは。

フィリピン人は鼻と肌の色にコンプレックスを持っている人が多い。どうも管理人のアンジーです。

タガログ語を話したい。

フィリピンで暮らし始めてからタガログ語が必要だと何度か思ったことがあります。もしもこれからもフィリピンに住んでいくとなればタガログ語は必須なのではとも思ったりします。

そう思って日本に帰った時に本屋へ行ってタガログ語の本を探しましたが辞書のような本しか売っていないんです。

ということで今回の記事あタガログ語をどうやれば話せるようになるのかを考察していきます。

スポンサーリンク

タガログ語の勉強法

本は種類が少なすぎる

やはり語学を勉強する上で本は欠かせない。

しかしタガログ語の参考書を長く探しているが中々いい本が見つからない。というよりも日本語とタガログ語の翻訳書しか売ってないんではないかというくらい文法本が見つからないのだ。

アマゾンで探すくらいしか方法がないがアマゾンだと内容が完璧にわかるわけではない。

そういった言い訳をし続けて約2年間も参考書を買うのをためらっている。そんな人がタガログ語を喋れるようになるわけがないというのは自覚している。

一番の勉強法は実践とのこと

フィリピン人の会話を生でよく聞いているからわかるのだが、タガログ語の中には英語が混ざっている。

そしてメールなどを見ていると人によってスペルや言い回しが違うのだ。そもそもタガログ語はまだまだ歴史が浅く言語としては完璧ではないのだ。

こうなったらもう現地で感覚を身につけるしかない。実際にタガログ語を話す日本人は現地で体に覚えさせたと言っている。

実際、アンジーも文法など何も勉強していないが最低限の会話ならタガログ語でできてしまう。

フィリピン人に直接教えてもらう

人件費の安いフィリピンではよく家庭教師のようなフィリピン人を雇う日本人がいる。こういった場合、英語の家庭教師を雇うのが一般的なのだが、タガログ語の先生ならばどこにでもいる。

マニラにはフィリピン各地から人がやってくる。日本のように日本語だけではないフィリピンでは、マニラで生まれ育ったフィリピン人のタガログ語が一番上手い。

英語の教師を雇うとなると有名大学を卒業したフィリピン人が対象となって人件費もそこそこ高くなるが、タガログ語の先生なら英語があまりできなくても良いため、かなり安く雇えてしまう。

日本に居るならオンライン英会話で

最近注目されているオンライン英会話。フィリピン人は人件費が安いため、多くのフィリピン人がオンライン英会話で働いているが、授業中にタガログ語を教えてくれと言えばタガログ語の授業にシフトしてくれるだろう。

確かに効率の悪い勉強方法なのだが、日本に居るとタガログ語を勉強できる場所が少なすぎる。

まとめ

タガログ語を習得したいならとにかくフィリピン人との交流の機会を増やすしかないと思っている。

本でも勉強はできるのだが、やはり実践には到底かなわない。

こんなに偉そうに語っているがアンジーもタガログ語を話すことはできない。いつかアンジーがタガログ語を習得したらこのブログで分かりやすいように教科書のようなページを作りたいと思っている。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です