フィリピン版【逃げるは恥だが役に立つ】 フィリピン人の妊娠(ジャピーノ、コピーノ)

こんにちは。

フィリピン人が好きな日本料理は9割寿司かてんぷらかラーメン。どうも管理人のアンジーです。

最近日本のドラマ界の一世を風靡した逃げ恥「逃げるは恥だが役に立つ」。このドラマが日本で大流行している間、アンジーはフィリピンに居たため観れませんでしたが日本でブームになっていたのは色々な情報から分かっていました。

しかしこのタイトルを初めて聞いたときは

このドラマフィリピン人を孕ませて逃げた日本人を題材にしたドラマなのかな

と一瞬思ったのです。

ということで今回の記事はこのドラマのタイトルにちなんだフィリピン人と日本人の話を紹介していきます。

スポンサーリンク

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」はフィリピン人と日本人なのか説

このタイトルを何かのニュースで見たときにこれはフィリピン人を妊娠させた日本人に関するドラマではないのかと思った。

逃げる日本人や韓国人

フィリピンでフィリピン人の彼女を作り妊娠させてしまうという外国人は韓国人や日本人を筆頭に多くいる。

妊娠させても実は母国に妻がいたり、フィリピン人と結婚するのが嫌だったりして逃げる外国人は多い。すると多くの場合は泣き寝入りになってしまうのだ。現にそうして生まれたフィリピン人と日本人のハーフ(ジャピーノ)や韓国人とのハーフ(コピーノ)はフィリピンの社会問題となっている。

フィリピン人からこれ以上ない酷い話ではあるが外国人からしたらこれは逃げた者勝ちのような気がしないでもない。

こういった場合、フィリピン人側には妊娠させた外国人側を探す経済力もないため、結局はシングルマザーになってしまうのだ。男はフィリピンでその女に見つかれば刺されるかもしれないがフィリピンへ戻らなければ何かとくぐり抜けてしまう。

これぞまさに逃げるは恥だが役に立つ行為なのだ(笑)

もちろんアンジーはそんなゲスなことはしない。そもそもアンジーにはフィリピン人の彼女ができる兆しもないので自分自身で安心している。

妄想してみた

もしもアンジーにフィリピン人の彼女ができてもしも妊娠してしまったらどうなるかを妄想してみた。

フィリピン人の彼女ができると思っただけでも鼻血が出てきそうだが妊娠させるとなるともっと鼻血が出てくる。

ここでいい子ぶっても意味がないので正直なことを言うがもしも何かの間違いでフィリピン人を妊娠させてしまったらアンジーも逃げるかもしれない。それが今の現実でフィリピン人側が相手を探すのは現実的に難しいからだ。

もちろん彼女を責任能力がないのに妊娠させるなんて愚行はしないが万が一何かの間違いがあったらの話だ。

現地のフィリピン人男子も逃げるw

よく日本人や韓国人が話題になりがちだが実はフィリピン人男子もよく逃げるのだ。

フィリピン人男子は非常にロマンチックなアプローチでフィリピン人女子を落とす。そして落とされたフィリピン人女子は妊娠してしまう。するとフィリピン人男子は今までの態度を裏返してどこかへ逃げてしまう。

実はフィリピンで逃げるのは簡単で携帯電話番号を変えて、どこか遠くへ行けば簡単に逃げれてしまう。探したってフィリピン人男に経済力がないとわかっているため探すようなことはしないのだ。

最初こういった話を聞いたときは逃げる男はクズだな(笑)と思っていたが、最近は女側にも問題があるのではと思う。特にフィリピンではそういった男が多いのは女も自覚しているはず。そこで宗教的な問題で避妊しないとか言っている場合ではない。

まあ子供に関しては個人の価値観があるため第3者がどうこう言える話ではないかもしれないが少なくとも子供にとっては両親がいることが最善であることは間違いない。

 

ではまた次の記事で。ば~い。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です