フィリピン人、ベビーパウダー塗りすぎてオバケみたいになっとるがなwwwwww

こんにちは。

フィリピンでも日焼け止めを一度も塗ったことがなアンジーです。

皆さんはフィリピンでベビーパウダーがファンデーション代わりに使われていることを知っていますか?

ベビーパウダーといったら商品の名前の通り赤ちゃんに使うことを目的として作られています。
ベビーパウダーの効果は

・肌を滑らかにする
・湿気過多を防ぐ
・赤ちゃんの敏感肌を和らげる
・肌の摩擦を減らす

特に使われる場面はおむつを履くときに肌がこすれるのを防ぐ為に使われますよね。

フィリピンでは用途が違います。

そう、ファンデーション代わりにベビーパウダーを塗る。

これがフィリピン流なのです。
ということで今回の記事はフィリピン人のベビーパウダーの使い方について紹介していきます。

スポンサーリンク

フィリピン人はベビーパウダーをファンデーション代わりに使う

肌を白く見せる

フィリピン人は白い肌に異様なほどこだわっている。

アンジーは中学の頃、肌が白すぎてものすごくコンプレックスだった。友人からはオタクのように白い肌と言われ休みの日には日焼けするためだけに外に長時間居たこともあった。

しかし肌が褐色のフィリピン人たちは白い肌に憧れをもっている。よくフィリピン人に肌の色を交換してと言われるができるならしてほしいくらいだ。アンジーから見たらフィリピン人の肌の色はすごくかっこいい。

そんなこともあってフィリピン人たちはあらゆる手を使って肌を白く見せようとする。そこで使われるメジャーな方法がベビーパウダーなのだ。外に出かける前にはこれでもかと言わんばかりに顔や首、腕にもふんだんにふりかける。もはやつける前とつけた後では肌の色が恐ろしい程違うのだ。

たまに塗りすぎているフィリピン人を見るとオバケかと思ってしまう。

ファンデーション代わり

フィリピン人全員が化粧品を買える経済的余裕があるわけではない。しかし肌を白く見せたいというフィリピン人はベビーパウダーを使用する。もちろんファンデーションの方が化粧品だからクオリティが高いのだがその分値段も高くなってくる。

もしも日本人がベイビーパウダーを塗りたくって外を歩けば不自然な白さで白い目で見られてしまうだろう。しかしフィリピンでは多くの人がベビーパウダーを塗りたくっているため違和感がないのだ。

ベビーパウダーの種類が凄まじく多い

日本のスーパーへ行ってもいてもベビーパウダーが置いていない店もある。薬局へ行っても1、2種類のベビーパウダーしか売っていないのだ。

一方、フィリピンのスーパーではベビーパウダーコーナーのような場所まであるほど需要が高いのだ。種類は様々で色んな色のベビーパウダーが販売されていてまさにベビーパウダー文化がフィリピンには存在するのだ。

というアンジーも最近ではベビーパウダーにお世話になっている。目的は肌を白くしたいというわけではない。

常夏のフィリピンでは汗を多くかく。そこでベビーパウダーを塗っているとベタつきを抑えられるし肌がさらさらになった心地がするのだ。

それにしてもオバケになるまでベビーパウダーをつけているフィリピン人はさすがに自覚するべきだ。特にオカマさんは。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です