フィリピンの格闘技が強烈すぎるwww

こんにちは。

フィリピン人は小さいけど強そう。どうも管理人のアンジーです。

アンジーは小学生の頃にジャッキーチェンの映画を観て「カンフーかっけぇぇぇ~」と思い極真空手の道場に入門しました。その道場では映画とはかけ離れた型や組手などをしていましたがいつかは強くなれると信じて週一回通い続けていました。

小学生から中学生まで道場に通い続け遂に黒帯を手にしたアンジーでしたがあんなものは年の功でしかないと気付きました。

フィリピンに来てからは日本とは治安が比べ物にならないくらい悪いと気が付いて自己防衛しなければならないと本気で考えました。そこで考えついたのがフィリピンで空手を再開することでした。しかし残念ながらフィリピンで空手はそこまで流行っておらず道場が見つかりませんでした。

そうして調べているとフィリピンではどうやらテコンドーが流行っているようですね。

ということで今回の記事はフィリピンのテコンドーについて紹介していきます。

スポンサーリンク

フィリピンの格闘技

そもそもフィリピンのテコンドーとは

テコンドーとは韓国発祥の格闘技で蹴りを中心に技をかけます。日本の空手をアレンジしたと言われていますが蹴りは空手よりも多彩で空手よりもスピード性があります。

正直な感想を言うと、空手と紙一重ですね。テコンドーを本気でやっている人は怒るかもしれませんが初めて見た人からしたら空手とそこまで変わりません。

ちなみに英語ではTAEKWONDOと言います。

フィリピンの格闘技

フィリピンにはフィリピン発の格闘技があります。名前は「エスクリマ」「カリ」と呼ばれています。

エスクリマはアメリカのハリウッド俳優のマッド・デイモンや日本のSPの映画でアクションシーンが話題となった岡田准一が会得しています。

動画でエスクリマを観たことがあるのですがとんでもない殺傷力がある格闘技です。エスクリマは基本的に二本の棒を持って戦います。フィリピンで空手に精通している日本人曰く、エスクリマは実践では空手とは比べ物にならないくらい強いと言っていました。

それもそのはずでエスクリマは人を殺したり身体能力を奪うことに特化した武術なのです。フィリピンの伝説のボクサーのマニー・パッキャオからは想像もできないくらいえげつない武術なのです。

フィリピンの道場は所々にある

エスクリマの道場はフィリピン国内に点在しているだけです。

実は最近フィリピンではエスクリマよりもテコンドーのほうが流行っているのです。街を見渡してもテコンドーの大会や道場の募集ばかりで中々エスクリマの大会や道場の募集は見当たりません。

もちろんフィリピンの軍ではエスクリマを取り入れているのだとは思いますが一般人には少しハードルが高いのかもしれません。そのため格闘技を習わせたい親たちがこぞってテコンドーを習わせているのだと思います。

エスクリマよりもテコンドーのほうが観ていて綺麗ですし泥臭くないので人気があるのですね。アンジーも空手を長くやっていたので機会があればエスクリマを習ってみたいと思っています。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です