フィリピンのショッピングモールで働くためにはコネか学歴が必要です。

こんにちは。

マニラに自然は全く感じられない。どうも管理人のアンジーです。

フィリピンは今まさに人口が増加しています。人口が増加するとともに経済も成長しているフィリピンですが貧富の差は今も広がっています

その一つの原因としてフィリピンは日本以上の学歴社会だという事。フィリピンでは高校を卒業していない人たちはコネ以外で就職するのは非常に困難なのです。アルバイトですらできません。

そのため働ける人は限られてきます。フィリピンで人気な職業は銀行員や医者などの高給な仕事ですが、現実的にはショッピングノールの店員なども人気な職業の一つです。

ということで今回の記事はフィリピンでショッピングモール(SMモールやロビンソンモールなど)の店員になる方法について紹介します。

スポンサーリンク

フィリピンでショッピングモールの店員になる方法

フィリピンで普通に就職する場合

フィリピンのショッピングモールでは高校卒業以上の学歴があれば採用試験を受けられます。

特にSMショッピングモールやロビンソンモールなどの大型ショッピングモールは多くの人数を採用します。しかしこの場合、採用基準としては女性のほうが圧倒的に有利で英語力も必要と聞きました。また女性であっても極端なブサイクは採用されないという噂もあります。

逆に美人だと他の事が基準点に達していなくても採用されることもあるようです。

そう言われてみるとフィリピンのショッピングモールの店員さんは美人が多いような気もします。その辺はその店舗の人事担当の裁量で決まってくるのかと思います。

フィリピンではコネで就職する場合がかなり多い

コネが横行するフィリピンでは就職の時にももちろんコネは存在します。

ショッピングモールの店員の採用の場合はコネと言うよりも身内が有利になるといった形です。例えば姉がモールで働いていたら妹は簡単に姉と同じモールで働けてしまうのです。

アンジーの知り合いには実際この姉の力でモールで働けることになったというフィリピン人がいます。彼女曰くこの方法で働く人も少なくはないのだとか。

フィリピンの雇用形態

今回紹介したショッピングモールの店員さんは日本でいうアルバイトに近い雇用形態です。

契約期間はほとんどが6ヵ月で契約期間が終われば仕事に残れるかは定かではありません。

フィリピンの就職難は日本よりも遥かに深刻な状況にあります。フィリピンで生活してきましたが学歴のない人は本当にフィリピンでは職がありません。そして給料も日本と比べると驚くほど少ないのです。

こんな状況だから世界中に出稼ぎしているフィリピン人がいるのですね。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です