フィリピンなどの海外送金において仮想通貨はどうなのか(ビットコインなど)

こんにちは。

フィリピンのATMから出てくるお金が足りないことがある。どうも管理人のアンジーです。

フィリピンで生活していると日本から送金することがあると思います。送金方法には色々ありますが多くの方はウェスタンユニオンやなどの送金業者を使うか銀行を使っています。

そこで最近新たな送金手段が台頭してきています。それは仮想通貨送金。

ビットコインを筆頭に近年急成長した仮想通貨ですが、送金手段として非常に注目されています。

理由は速い手数料が安いからです。仮にフィリピンに10万円を送金するとしたらウェスタンユニオンでは3000円以上の手数料がかかってしまいます。10回送金すれば3万円になります。

一方仮想通貨の中でも一番大手のビットコインだとどうなるのでしょうか。

ということで今回の記事は海外送金において仮想通貨は便利なのかを紹介します。

スポンサーリンク

フィリピン送金に仮想通貨(ビットコイン)は便利なのか

実はそこまで安くない

仮想通貨送金の利点は何といっても手数料の安さにあると言われてきました。

ビットコインを例に挙げます。ビットコインで送金した場合、送金にかかる手数料はほとんどかかりません。無料に近いです。しかしビットコインを現金化するときに手数料がかかってしまいます。

ビットコインが普及してビットコインで色々な物の支払いができるならばビットコインはかなり安い送金方法になります。しかし現状ではビットコインを現金に換える必要があります。フィリピンならビットコインからフィリピンペソへ換金するのにお金がかかってしまうのです。

為替が安定していない

現状ビットコインなどの仮想通貨は相場が安定していません。

10万円分のペソが必要で10万円分のビットコインを送ったとします。しかし相場の変化で1時間後には9万円分のビットコインになってしまうこともあり得るのです。逆の場合も然りですが今の仮想通貨の相場は不安定すぎます。

仮想通貨が金のようにある程度相場が安定するまでは主要な海外送金手段にはなりそうにないです。

送金スピードは尋常じゃなく速い

仮想通貨送金のメリットとして送金スピードの速さが挙げられます。

通常の送金会社を利用すると店舗に行けなければなりません。さらに手続きの時間や処理の時間を考えると結構な時間になります。

一方ビットコインは数分で送金可能です。もちろんスマホからでもPCからでも送金できるのでどこかの店舗へ行く必要もありません。

将来性はある

今はビットコインの存在すら知らない人が大勢いいます。

なので現状ビットコインは決済手段として成り立っていません。しかし将来ビットコインが広がり普及すれば今よりももっと仮想通貨を使った海外送金が流行ってくるでしょう。そのためにはコンビニやスーパーでもビットコインで支払い可能くらいの普及率ではないといけないと思っています。

そうなるのが何年後になるかは分かりませんが、そうなれば海外送金の常識も覆りますね。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です