フィリピンにはニートがすごく多い理由

こんにちは。

毎晩隣の部屋から爆音の音楽が流れてきて眠りにつけない管理人のアンジーです。

 

親から仕送りをしてもらって大学に行っていたアンジーは自分自身を半ニートだと思っていました。

今や日本でも増えつつあるニート。そもそもニートとは職に就かずに実家で暮らしている人たちのこと。アンジーはニートがダメと否定するわけではありません。ニートできる環境にいるなら幸せなことだと思うし、逆に言えば自分のやりたいことがやれるニートは良い暮らしだと思いますよ。

という持論は置いといてフィリピンには日本では考えられないくらいのニートがいます。一家に一人はいると言っても過言ではありません。

ということで今回の記事はフィリピンには何故ニートが多いのか紹介します。

スポンサーリンク

なぜフィリピンにはニートが多いのか

就職先がない

フィリピンで就職するのは非常に困難です。

日本のように若ければアルバイトで雇ってもらえる国ではありません。フィリピンでは普通にする場合、学歴が必要です。見た感じ高卒以上は必須です。しかしフィリピン人には高校を卒業していない人達がたくさんいます。

もちろんフィリピンではコネクションがあれば簡単に就職できるのですがコネクションがなく学歴もないフィリピン人は就職先がないのです。特にフィリピン人男子の需要はフィリピン人女子よりも低いため就職先が絶望的なほどないのです。

フィリピンでも顔がかっこよかったり可愛ければ水商売でも何でもできますがブサイクや歳を取ったフィリピン人には職がありません。

周りが助けてくれる

フィリピン人は助け合い精神が強く身内で困っている人がいたら助けます。

例えば兄弟が仕事もなく生活に困っていたら自分の状況が少し苦しくても兄弟を家に受け入れます。なのでフィリピン人の中には困ったら誰かが助けてくれるだろうと思っている人も多いようです。

アンジーの知り合いのフィリピン人の兄は仕事もせずに家でテレビばかり観ているダメ男でしたが兄は特に文句を言うことなくせっせと家族のために働いていました。

ニートが容認されてしまうのは日本では考えられないことなのですがフィリピンでは仕方ないことなのでそこまでのお咎めはないのです。

中々改善されない

フィリピンの人口は爆発的に増え続けています。

その中で就職難というのはフィリピンの大きな課題であり、それが原因で治安が悪化している側面もあります。最近では政府が仕事を創る政策を発表したようですが雇う側としては信用もないフィリピン人を雇いたくはないため中々改善されません。

日本のように国民のほとんどが非正規雇用だとしても仕事がある状況になればフィリピンももっと素晴らしい国になっていくと思います。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です