フィリピンで日本人がビジネスを始める方法

こんにちは。

フィリピンには若い人材が溢れているのにもったいない。どうも管理人のアンジーです。

フィリピンでのビジネスに興味がある日本人の方は多いと思います。しかしフィリピンの情報はインターネットの世界ですら不足しています。

実は管理人のアンジーもフィリピンでのビジネスには興味がありました。増える人口、人件費の安さ、経済成長率とどれを見てもフィリピンでも事業にはチャンスがあると思います。もちろん今すぐにとはいきませんが将来的には企業したいなとは思っていました。

そこでフィリピンでビジネスを始めるためには何が必要なのかを今回調べてきました。

ということで今回の記事はフィリピンでのビジネスの始め方について紹介します。

スポンサーリンク

フィリピンで日本人がビジネスを始める方法

フィリピンで日本人100%の会社を設立するのは資金が必要

日本人がフィリピンで会社を設立したい場合、恐らく100%を日本資本で始めたいと思いと思います。しかしこれにはある条件をクリアしなくてはいけません。

それは200,000米ドルの資本金があること。

日本円で2000万円以上の資本金が必要なのです。200,00ドル以下の資本金の場合、60%以上をフィリピン資本にしなければなりません。要は60%以上をフィリピン人の権限にしなければならないのです。

フィリピンでビジネスを始める場合、フィリピンに奥さんがいたり信頼できるフィリピン人が必ずいると思います。もしいないならフィリピンでのビジネスはやめておいた方がいいでしょう。

しかし人間関係はいつどうなるか分かりません。仮に奥さんと喧嘩になって奥さん側の人間に会社を乗っ取られる場合もあり得るのです。フィリピンでは日本人は立派な外国人ですから。

ステップ1:証券取引委員会(SEC)へ登録する

マニラの場合、MandaluyongにあるSECに行き登録します。

1.まずは会社名の登録をします。webで会社名の予約が可能です。予約とは手続き中に他の事業者に名前を使われないようにするための予約です。料金は100ペソくらいで90日間可能です。こちらから予約可能です。

2.次に必要書類を用意し提出します。

必要書類はSECの中で買えます。全てがセットになっていて値段は500ペソくらいです。

内容は定款や納税証明書(TINナンバー)です。TINナンバーに関してはBIRという所で取得できます。

3.次に役職の決定と株式の割合を決めます。

この時に資本金が200,00ドル以上あれば日本人が100%の株式を保有することができます。

しかし大半の場合はフィリピン人が60%以上の株式を持つことになるのでしっかりと事前に話し合っておきましょう。

ステップ2:銀行での手続き

資本金を払う専用の口座を開設します。

ここでは代表取締役と出納者のサインが必要です。この場合フィリピン人が手続きを行うべきです。

その後登録手数料を支払います。登録手数料は資本金の1%の10分の1に20%を加算した額になります。

ステップ3:バランガイでの手続き

会社の所轄のバランガイの許可証を取得します。その時にはSECで発行された書類を必ず持参しましょう。

事業許可証の取得もここで行います。

この他にも保険の加入や税金のことなど各自でやらなければならないことがたくさんあります。

弁護士に依頼するのがベスト

今回アンジーは聞き取り調査に行っただけですが各所を回っている時に役員から袖の下を何度も要求されました。

それはアンジーが一人で会社を設立すると思われているからであり外国人だからです。そのため現地の弁護士に依頼するのが賢明です。弁護士に依頼すればスムーズい進むことも多々あります。もちろんお金はかかってしまいますがそれも経費だと思った方がいいですよ。フィリピンビジネスは日本のように単純にはいきません。

また時には賄賂も必要とも思っておいた方が良いかもしれません。実際にフィリピンでビジネスをしている方の話を伺ったことがありますがフィリピンでのビジネスは精神的に疲れるとおっしゃっていました。

またフィリピンでのビジネスに関する情報を入手したら記事を書きますので是非読んでいってくださいね。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です