何故ドゥテルテ大統領の支持率は落ちないのか

こんにちは。

フィリピン人の主要移動手段はジープ。どうも管理人のアンジーです。

2016年の6月にフィリピンの第16代大統領に就任したドゥテルテ大統領。もうすぐ就任してから1年が経とうとしています。

就任当初はフィリピン国民の大きな期待と各国からの批判があり、フィリピンがどうなっていくのか不安でした。ドゥテルテ大統領は強硬的な政策で治安の改善を行ってきました。中にはその強硬的な政策に反発する国民もいます。

それでもドゥテルテ大統領の支持率は今も80%ととんでもなく高いのです。

ということで今回の記事はドゥテルテ大統領の支持率は何故落ちないのかを考えていきます。

スポンサーリンク

ドゥテルテ大統領の支持率は何故落ちないのか

やはり国民に求められている

今のフィリピン国民も自国の治安の悪さには嫌気を感じています。

今までの大統領は治安回復よりも経済の発展に注視していたためドゥテルテ大統領の治安の回復を最重要とする政策は富裕層以外の支持を集めているのだと思います。

アンジーが実際にフィリピンで生活していてもドゥテルテ大統領が国民に求められて慕われているを感じます。海外からは厳しい意見が多いドゥテルテ大統領ですが国内からの支持は衰えません。

強硬な外交策

中国に親密だと言われているドゥテルテ大統領ですがやはり外交にも強硬的です。

国連からの注意に全く耳を傾けなかったり、アメリカの介入を強気で拒む姿は中々のものです。そういった姿勢も国民の支持に繋がりますからね。その割に日本などから多額な支援金を集めてくることからドゥテルテ大統領の手腕を感じます。

日本人からしたらドゥテルテ大統領が中国寄りなのが少し引っ掛かる点ですね。

実際治安は改善の方向に向かっている

具体的に~の治安が回復したなどはないのですが、ドゥテルテ大統領が就任してからの麻薬戦争で多くの犯罪者が殺害され、多くの犯罪者が自首しています。

何十万人という犯罪者が自首しているため、相対的にフィリピンの治安は良くなっている筈です。もちろん未だに麻薬の販売を行っている図太いフィリピン人も居ますが時間が経つにつれ少なくなっていくでしょう。

もちろん副作用もあります。麻薬で稼げなくなった人たちがホールドアップによる金稼ぎを始めて、逆に危なくなったなんて意見も聞きます。

これからも支持率は下がらないだろう

今のドゥテルテ大統領の政策はまさに国民の意見の的を射ていますね。

アンジー政治評論家からの意見を語らせてもらいますとですね~今のところフィリピン国内でドゥテルテ大統領の支持率が下がる動向は見られないですね~はい。

それより心配なのはドゥテルテ大統領の失脚を狙わんとする反乱分子と、何かでドゥテルテ大統領に恨みを持った輩たちですね。それとドゥテルテ大統領の老化です。

よく言われているのはドゥテルテ大統領の治安改善策が成功すれば、今までは治安の問題でフィリピンへの展開を躊躇ってきた企業がフィリピンに参入してくることです。そうなればフィリピンの更なる経済成長が期待できます。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です