日本で買ったスマホをフィリピンで格安でsimフリーにできる!!

こんにちは。

フィリピンの偽物iPhoneのOSはアンドロイド。どうも管理人のアンジーです。

今まではガジェット類の記事は書いてきませんでしたが、最近驚きの事実が発覚したので記事にしますね。

日本で契約したスマホをフィリピンへ持って行っても電話機能やメール機能を使うことはできません。もちろんWi-Fi経由でLINEやMessangerでのやり取りはできますが。

しかし何かと電話番号機能が使えると便利です。となると現地でスマホを買うか、持っているスマホをsimフリーにするかの二択ですね。一番早いのはお金を出して中古か新品のスマホを購入することなのですが、今回の記事ではフィリピンで格安で日本で契約したスマホをsimフリーにする方法を紹介します。

スポンサーリンク

日本で買ったスマホをフィリピンで格安でsimフリーにできる!

改造屋でオープンライン(open line)にしてもらう

フィリピンではsimフリーのことをopen lineと言います。

大型ショッピングモールの中にはスマホなどのガジェット系のお店が密集しているエリアがあるので探しましょう。どこでもいいのでとりあえず店に入り、open lineやってくれと頼むと少し質問されて値段を言われると思います。

値段は完全に店員の言い値ですが、感覚的な相場は1000~2000ペソですね。500ペソでできるなんて情報もありますが中々見つけるのは難しいでしょう。

ちなみにこの作業は改造行為に値するので壊れたら何も言えません。店側も保証はしてくれませんからね。しかしアンジーは過去に何度か日本で買った端末をオープンラインしていますが壊れたことは一度もありません。

時間

基本的に数分~数十分で完了します。

simロックを解除した後に下駄というものをsimカードの下に挿入します。この下駄が約500ペソくらいですね。ここまでで約30分くらいかかります。

これで現地のsimカードを40ペソくらいで買えば現地の電話番号が手に入るわけです。

日本では使えるのか?

simロックを解除したところで日本に帰った時に使えなかったら意味がありませんよね。

安心してください。フィリピンでsimロックを解除すると本当のsimフリー端末になってしまいます。なのでauで契約した端末でもフィリピンで改造すればソフトバンクのsimを入れることができるのです。

これにはアンジーもびっくりしましたね。フィリピンで使えるようになればと一時しのぎの改造のつもりでしたが日本のどこのメーカーのsimに対応していました。もちろん今流行りの格安simも使えました。

修理は?

アンジーの場合、フィリピンでsimロック解除したiPhoneの画面を割ってしまいイチかバチかで日本に帰国した時にAppleに持っていきましたが修理可能でした。もちろん保証も使えましたよ。

これに関してはAppleに電話して聞いてみたのですが、店員のその場の判断に任せているようです。もしかしたらアンジーがラッキーだっただけで本当は許されていないのかもしれませんね。

お金に余裕がある場合は現地で買いましょう(笑)

今回紹介した方法はあくまでも改造の域です。

正規の代理店ではなので万が一の場合、壊れても文句は言えません。文句は言えたとしてもお金は戻ってきません。なのでお金に余裕のある人は現地でスマホを買うのが一番安全な方法です。

しかしフィリピンに売られているスマホは日本語に対応していない端末が多いので、日本語対応している端末を探すと結構高くなってしまうのですよね( ゚Д゚)

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です