フィリピンの会社は超ブラック企業ばかり

こんにちは。

フィリピンの大学の入校チェックは意外と厳しい。どうも管理人のアンジーです。

近年フィリピンでの経済成長もあり、外資系企業の進出やフィリピン企業の事業拡大が起きています。

フィリピンで働く日本人もこれから多くなるのではないでしょうか。

日本ではあれやこれやと騒がれているブラック企業。そもそもブラック企業とは、労働者を酷使、選別し使い捨てする企業のことです

あれ?これフィリピンの企業は大半ブラックじゃね?

ということで今回の記事はフィリピンの会社はブラック企業ばかりということを紹介します。

スポンサーリンク

フィリピンの会社はブラック企業ばかり

ペナルティがある

フィリピンではアルバイトを中心にペナルティ制度が多くあります。

KTVなんかはペナルティが多くて有名ですが、一般のアルバイトでもペナルティはあります。アンジーが通っていた大学のアルバイトさんは遅刻や欠勤の場合はペナルティがあるそうです。

また一般のフィリピン企業でも正社員に対し罰金制度を課している会社もあるようなので、フィリピンで働く場合はチェックが必要ですね。

怠慢なフィリピン人は給料の半分以上がペナルティで消えてしまうこともあるようです。日本では考えられないですね。

給料が非常に安い

フィリピン人のような貧富の差が激しい国で平均月収を算出するのは無理がありますが、約13000ペソくらいが平均値と言われていますね。

もしも平均の13000ペソを貰っていたとしてもフィリピンで生活するのは大変なことです。特に最近は物価が上がってきていて、日本人からしてもフィリピンの物価は安いと感じません。

たとえ平均給与をもらっていたとしても極貧生活をしているフィリピン人は多くいます。

クビにされる

フィリピンの企業は積極的に正社員を雇いません。

理由は至って簡単で正社員を雇うと簡単に切れないからです。なのでフィリピンではアルバイト職が多く、職探しをする人が絶えません。

さらにフィリピンのアルバイトの雇用契約は6ヵ月です。6ヵ月を過ぎれば正社員に登用しなければならないのでアルバイトは実質的にクビにされてしまうのです。フィリピンではそう簡単に次の仕事を探せるわけではありません。おっかない話です。

しかしフィリピンにはブラック企業という概念がない

現在のフィリピンは完全に職不足といえます。そのため仕事があるだけまだマシという考えが多く、ブラック企業という概念がまだ浸透していません。

そう考えると日本は頑張りさえすれば働ける国なので幸せな国なのかもしれませんね。

実際にアルバイトですらしっかりと働けばフィリピンのエリート達の給料を超えますからね。

そりゃフィリピン人の美人が日本に働きに来るわけです。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です