フィリピンはお金持ちに優しい国な理由

こんにちは。

フィリピンでは時計が動いていなくても無視。どうも管理人のアンジーです。

フィリピンで生活しているとつくづく実感します。フィリピンという国は貧乏には地獄で、金持ちには天国な国だと。

路上で骨と皮しかないヒョロヒョロなホームレスがたくさんいる一方で高級レストランは大いに繁盛しています。高級レストランの外にはお金持ちのお客のドライバーが車で待機しています。家に帰れば使用人が家を掃除しています。

フィリピンは日本で生活してきたアンジーから見たら非常に恐ろしい国です。そんな光景は日常的なのです。

ということで今回の記事は何故フィリピンはお金持ちに優しい国なのかということを紹介します。

スポンサーリンク

フィリピンはお金持ちに優しい国な理由

最高所得税率が低い

フィリピンの所得税は10000ペソ以下で5%で、10000ペソ以上からは5~32%の間の累進課税制です。

例えば日本人のフィリピンでの現地採用の場合、5万ペソくらいが額面の平均でしょうか。この場合、最高課税率の32%が課税されます。日本円で13万円くらいで最高課税されてしまうのです。逆に言えば5000000000000ペソでも所得税は5万ペソの人と変わらない32%なのです。

ちなみに日本では最高所得税が45%です。さらに4000万円以上で45%なので、最高所得税を払っている日本人は中々いないでしょう。しかしフィリピンではそこそこの給料で最高課税されるのです。

お金持ちにはコネがある。

フィリピンの貧乏人のコネといっても氷を安く買えるなどその程度です。

一方、フィリピンのお金持ちのコネというのは聞いただけも震えあがります。例えば警察の高官に知り合いがいて邪魔な人間がいると逮捕してもらうなんて話を聞いたことがありますし、前科なども消すことが可能らしいのです。

ビジネスに関しても、コネでモール内の立地が良い場所に店を構えることができるので売り上げは上がります。コネがあればいくら学歴がなくてもいい就職先に就けます。日本でもこの辺のコネはあるでしょうが、フィリピンの場合格が違いますね。

お金持ちには学歴がある。

学歴社会のフィリピンで高い給料の職業に就くためには学歴が必要です。

日本であれば高校までは義務教育でお金が無くても奨学金を借りて大学に進学することができます。しかしフィリピンでは奨学金のような制度はなく、お金が無ければ大学に行くことはできません。そのため頭が良くても大学に行けずいい仕事にも就けないのです。

反対にお金持ちならある程度のお金を払ってしまえば簡単に大学に入学することができます。もちろんレベルの高い大学では単位を取るのが大変ですが、その辺は友達などの力を借りて何とかなってしまうのが現実です。

こうして学歴も手に入れたお金持ちの子供は親の会社やビジネスを継いでいくことになるのです。

このほかにもフィリピンではお金持ちが非常に優遇される国だとは常日頃から思いますね。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です