日本人の人件費はフィリピン人の10倍!?

こんにちは。

フィリピン人の視力は予想以上にすごい。どうも管理人のアンジーです。

フィリピン人の平均年収の平均年収を知っていますか?

正直フィリピンでは貧富の差が大きすぎるため、正確な平均年収を算出するのは難しいのですがよく言われているのが年収50万という数字が平均です。

しかし実際はアルバイトやパートの人たちが多く、年収50万円以上貰っているフィリピン人は中々いないでしょう。

恐ろしい話です。職がある人でこの数字ですからね。フィリピンには働いていな人が大勢います。

一方で日本人の給料はそこ大した能力がなくても日本語を話すことのできる日本人というだけでフィリピン人からしたら破格の給料を貰えるわけです。

ということで今回の記事はフィリピン人の人件費と日本人の人件費について紹介します。

スポンサーリンク

フィリピン人の人件費と日本人の人件費

日本人の人件費が高いわけではない

これはアンジーの私見ですが、日本人の給料が高いというわけではないと思いますね。日本は先進国ですし、もう少し高くてもいいんではないかと思っているくらいです。

そうです、フィリピンの人件費が安すぎるんですよ。フィリピンの過程では洗濯機や冷蔵庫を持つことが基本的に出来ません。理由は高すぎるから。

フィリピンの電気代は日本以上に高いので、とても平均給料で冷蔵庫やクーラーを持つことはできないでしょう。まあ実際は持っている家庭もありますが、中々に電気代が高くて苦しんでいます。

10倍とは言わなくても数倍はある

フィリピンで日本人に3万ペソで募集をかけても応募は0に等しいでしょう。しかし3万ペソでフィリピン人に募集をかければ溢れんばかりの応募が来るはずです。

現地の企業からすれば日本人を雇うのはフィリピン人を雇う何倍ものコストがかかります。フィリピン人の何倍もの働きを日本人はできるのでしょうか?アンジーなら中々厳しいと思いますね。特にタガログ語も話せないので。

それでもまだ日本人の募集があるということは日本人の需要があることになります。特に日本企業と連携している会社はどうしても日本人が必要になりますからね。

東南アジアは労働力の宝庫

フィリピンやミャンマー、ベトナムなどの東南アジアは労働力の宝庫です。

人で不足の日本と違い、労働力に関しては完全に買い手市場なのです。そのため安い賃金でも人が雇えるのです。フィリピンは毎年凄まじく経済成長していますが、国民の生活が良くなっているとは到底思えません。理由は賃金が上がらないということです。

経済成長して物価は上がるが、賃金は上がらない。負の連鎖ですね。以前の記事でフィリピンはお金持ちに優しい国と紹介しましたが、この傾向はまだまだ続くと考えられます。

つくづく日本人であることを幸せに思いますね。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です