フィリピンの良いところをとことん褒めちぎります

こんにちは。

最近オカマに少し興味が出てきた管理人のアンジーです。

 

日本はインフラも整備されていて、治安も良ければ食事も美味しい。そんな日本で育ってきたアンジーがフィリピンで生活を始めて感じたことや体験したことは山のようにあります。

もちろん先進国の日本から途上国のフィリピンへ移住のようなことをしているわけですから様々なデメリットがあります。その一方で、日本にはないフィリピンのメリット面も多くあるのです。

ということで今回の記事はフィリピンで生活しているアンジーがフィリピンの事をオーバーにとことん褒めちぎります。

スポンサーリンク

フィリピンをとことん褒める

物価が比較的安い(特に田舎は)

フィリピンの物価は年々、いや日々高くなり、首都のマニラでは日本と変わらないくらいの生活費がかかります。

ただし現地の人達の生活に合わせた場合、かなり安く生活できます。月に10万円で余裕のある生活をしている日本人の方もいますからね。

特に田舎では野菜や果物が安く、家賃もマニラのように高くはないため暮らしやすいのです。

しかし最近では物価の上昇が日本では考えられないくらい激しいので、数年後にはフィリピンの生活コストは日本と変わらなくなっているかもしれません。いや、むしろ日本よりも高くなっているでしょうね。マニラ近辺では。

フィリピンは一年中暖かい

バギオなどの地域を除けばフィリピンは一年中暖かい気候の国です。

僕がフィリピンはいい国だなと思うのは、やはりこの気候に関してかもしれません。

アンジーのように冬が大の苦手という方はフィリピンの気候の方が暮らしやすいのは間違いないでしょう。

しかしそんなフィリピンもとんでもなく暑い時期があります。その頃にはエアコンは必須ですね。現地の人達はエアコンがないのに灼熱のフィリピンで汗一つ流さず生活しているので驚きです。

12月頃はエアコンなしでも十分暮らしていけるほどの快適な温度になりますので、この時期は本当に暮らしやすいですね。

フレンドリー

コミュ障の僕からしたら多くのフィリピン人のフレンドリーさには感激しますね。

街を歩いていたり、ジープに乗っていたりしても眉ぴくをしてくるフィリピン人は多くいますし、コンビニの店員でも気軽に話しかけてくれます。

そのフレンドリーさに礼儀がないと感じてしまう事もありますが、そこは「これがフィリピンなんだ」と受け入れましょう。

英語が話せる

これも大きなメリットです。

同じ東南アジアのベトナムやインドネシアでは基本的に英語が通じません。しかしフィリピンでは英語を話せない人の割合は非常に少なく、最低限のコミュニケーションがとれるくらいの英語力を持ち合わせています。そのためフィリピンで何か困ったら英語で聞くことができるのです。

フィリピン人の英語力も相まってフィリピンの英語留学は非常に人気ですね。アンジーもそのフィリピン留学を選んだ日本人の内の一人です。

しかし発音に関しては母国語が英語ではないため、他の人気英語留学地と比べると、劣っていることは間違いないでしょう。

ただ、コミュニケーションのための英語ということなら、全く問題はないでしょう。

フィリピンは日本から近い

日本からフィリピンへは約4時間で行けます。日によって4時間30分だったり3時間30分だったりもしますが、平均4時間程度といったところですね。

4時間程度のフライトならLCCでも全然大丈夫なので、航空会社の選択肢が増えます。もちろんJALやANA、フィリピン航空などの航空会社も通っていますし、ジェットスターやセブパシフィックなどのLCCも通っています。

何か緊急な事態で日本へすぐに帰らなければいけない時も飛行機の本数が多く、距離が近いので簡単に帰国することができます。

美男、美女が溢れんばかりにいる

アンジーの感覚では、フィリピンに移住した日本人の大半にはフィリピン人の奥さんや旦那さんがいます。

特に日本人男性に人気なフィリピン人女性は本当に美女が多いと感じます。いつかは僕もフィリピン人の彼女ができることを夢見て毎日フィリピンで生活しているわけですが、中々できないんですよね( ゚Д゚)

もちろんフィリピンには美女だけではなくイケメンもいます。目がキリッとしているフィリピン人男性は日本人女性から人気なのではないでしょうか。

またこれからも追加していきます!!

フィリピンをとことんディスった記事はこちら。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 


2 件のコメント

  • 物価が安い: 人件費がとても安い。
    英語が話せる: だけど、発音が下手な人が多いので、なにゆってるのか、よくわからない。
    美女: 街中でみかけるのは饅頭のような体系の方々ばかり。ミスユニバースに出るようなスペイン系、米国系ハーフの方々は別人種。 アンジー先生、どこにいけば、美女に会えるのでしょうか?

    • コメントありがとうございます。

      確かに美人と不細工の差がとんでもなく大きいというのは感じますね。

      ただ、授業料が高額な有名大学にはすさまじい美女がうじゃうじゃいるという都市伝説があるので、
      一度試しに行かれてみてはどうでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です