フィリピンの病院の医療制度はどのくらい発展しているのか

こんにちは。

フィリピンの道端で売られている財布は可愛い。どうも管理人のアンジーです。

フィリピンに移住する際に気になるのが健康面ですよね。

日本で病気を患っても余程の症状でない限り心配はいらないですよね。病院に行けばいいわけですし。保険証を提出すれば無料も病気もあります。無料ではなくても多くの病気は30%負担ですよね。

フィリピンで病気やケガをしたらもちろん病院へ行きます。

ということで今回の記事ではけがや病気をした時どこの病院でどんなことをすればいいのかを紹介します。

スポンサーリンク

フィリピンの病院の医療制度

フィリピンではお金を持っている人は質の高い医療を受けられる

フィリピンではお金を持っていない人は病院へ行くことさえもできません。

基本的にフィリピン人は医療保険に入っていません。そのため病院に行くととんでもない請求額になってしまいます。少しの手術でも数十万円くらいかかるなんてことになってしまいます。そんな額を一般のフィリピン人が払えるわけありません。

一方でお金を持っていれば質の高い病院で診察や手術を受けることができます。病院とは思えない豪邸のような病院もあります。そういった病院にはVIP病棟まで用意されています。

格差が酷すぎる…( ゚Д゚)

保険なしなら全額支払い

日本でもそうなのですが、保険証を提示しなければ患者の全額負担です。

フィリピン人の多くは保険に入っていません。そのため大きな病気にかかれれば全額払わなければなりません。

アンジーのフィリピン人の知り合いにも弟が思い病気を患ってしまったのですが、治療費を払えなかったために手術を受けられず亡くなってしまいました。それがフィリピンの現実なのです。日本でもこういった話は聞きますがフィリピンはもっと深刻なのです。

緊急でないなら日本へ帰国した方がいい

日本人の方から話を聞いていると、フィリピンでは平気で100万円以上の医療費がかかってしまうそうです。

特に入院の場合は自国という安心感も得られる日本で入院することをオススメします。

フィリピンの病院では急患の場合、日本人だととんでもなく高い医療費を請求する悪い病院もあるそうです。

フィリピンの病院では平気で高額請求される

フィリピンの病院ではとんでもない料金を請求されることがあります。

特に緊急だった場合や入院が必要だった場合には数百万円も請求されたという日本人の方の話も聞いたことがあります。いきなり数百万円も請求されても貯金が無くて払えないなんていう事態に陥ってしまう方もいますよね。

長期滞在の場合は必ず医療保険に入りましょう

フィリピンに長期滞在するなら医療保険には必ず加入しておくべきです。

特に病気や怪我をしやすいお年寄りの日本人は保険に入らないといざという時に金銭面で不安になるでしょうし、保険会社がバックにいることで安心もできると思います。

基本的にフィリピンで日本人が保険に加入するときは、フィリピンの現地の保険ではなく日本語で相談できる日本の保険に入っておくといいでしょう。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です