フィリピンの最低賃金が安すぎて泣ける件

こんにちは。

フィリピンの地方に行くと自然がすごい。どうも管理人のアンジーです。

日本は長らく最低賃金が上がらず問題になっていますが、なんだかんだいっても世界的にはトップクラスの800円台です。

それではフィリピンの最低賃金はいくらなのでしょうか?

フィリピンの最低賃金は時給ではなく日給です。フィリピンの首都マニラの最低賃金は今のところ500ペソ、日本円で約1200円くらいです。

1200円くらいなら深夜のコンビニの時給くらいです。それがフィリピンでは一日働いてその値段。とんでもないですね。しかしフィリピンではここからさらに引かれることも珍しくはありません。なので実質的な最低賃金はもっと低いと考えてもいいでしょう。

ということで今回の記事はフィリピンの最低賃金の低さについて紹介します。

フィリピンの最低賃金が低すぎる

現実はペナルティという罰金が科される

日本で罰金などで不当に賃金を減らされたなどの場合、労働監督署に相談すれば解決します。悪質な場合には企業に対して勧告書が出されるため企業側も法律を遵守して労働者を雇わなければなりません。

フィリピンにもそういった期間はありますが、個人の為には動いてくれません。そのためフィリピンではアルバイトなどの地位が低い労働者の権利を主張する力は非常に弱いのです。

遅刻や欠勤、職務怠慢などのペナルティが科せられ、本当はもらえるはずの金額の半分以下になってしまうフィリピン人も多くいます。半分だけならまだマシで解雇されて給料が支払われないなんてことも頻繁にあるそうです。

労働者の立場が弱い

日本では仕事を辞めてもアルバイトや派遣ならいくらでも溢れています。

しかしフィリピンでは圧倒的な仕事不足です。そうなると雇う側がなんでも決めてしまうのです。それでも働く側は辞めることができません。フィリピンでは仕事があるだけ幸せだからです。

この傾向はアルバイトなどによく見られます。フィリピンのアルバイトや個人契約の社員はいつでもクビになってしまいますから何も言えないのです。

フィリピンでは物価と所得が釣り合っていない

仮に法律通り一日500ペソで20日働いたとしたら10000ぺソです。

独り身だとしても月10000ペソで生活していけるのでしょうか?

一般的なフィリピン人ならまず厳しいでしょう。マニラの家賃はどこでもそれなりの値段ですし電気代に関しては日本よりも高いのです。食費もマニラではとんでもなくかかります。

そんな中、10000ペソで暮らしていくのはとても厳しいのです。現実的な数字を言うと20000ペソは最低でも必要になってくると思いますね。日本人なら50000ペソくらいは必要です。

フィリピンでは今でも貧富の差が広がっています。今回の記事でフィリピンの現実を紹介させていただきましたが、これを解消するのは今のフィリピンにとってかなり難しいでしょう。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です