不正が蔓延しているフィリピンでどう賢く生きていけばいいのか

こんにちは。

クソ暑くてもなんだかんだ平気なフィリピン人はすごい。どうも管理人のアンジーです。

フィリピンで生活し始めてから今までにフィリピンの悪い面を色々と見てきました。

フィリピンではやはりお金の問題がどこかで必ずやってきます。特に日本人の私達はフィリピン人から見たらお金持ち。狙われてしまうのです。

アンジーも今までに何度も賄賂を要求されたことがあります。

ということで今回の記事はフィリピンで賄賂や不正を要求されたときにどう対処すればいいのかを紹介します。

スポンサーリンク

フィリピンで不正や賄賂を要求されたらそうすればいいのか

フィリピンでは割り切る

フィリピンでの賄賂はあるものだと割り切るしかないのです。

賄賂=生活費

このくらいに考えてもいいくらいかもしれません。大切な時に賄賂を払えない=電気代を払えなくて電気が使えなくなるくらいの感覚ですね。

フィリピンの賄賂も昔よりもまだマシとは言われますが、それでも50歳くらいの老人が20歳くらいのアンジーに対して賄賂を要求してくるので恥ずかしい話です。

フィリピンで払わないという選択はしない方がいい

断固としてフィリピンでは賄賂を払わないなんて言っている人を見かけますが、個人的な意見としては間違いです。

本当に状況次第なのですが、これからも一生賄賂を払い続けなければいけないという場合なら払わない方がいいでしょう。しかし一時的な時間の解決なら払うべきでしょう。

例えばビザの手続きや法的な手続きの時短などです。こういった場合に関しては、本来なら1ヵ月かかるところを賄賂を払う事によって数日にしてもらえる場合もあります。払った方が得ですよね( ゚Д゚)

実は値切れる

賄賂は言い値です。値切れる場合は値切りましょう。

以前にアンジーが市役所の手続きで通常なら2ヵ月かかる手続きを日本円で5万円払えば3日で終わらせると言ってきた役員がいました。ボンビーなアンジーに5万円を支払うことはきつかったので何とか安くならないかと交渉しました。

結果、2万円くらいまで値切ることに成功したのです。なので交渉次第ということですね。

長く付き合っていくフィリピン人には賄賂は渡さない方が賢明

もしも長く付き合っていく権力を持ったフィリピン人がいたら賄賂は渡さない方が賢明だと思っています。

賄賂を渡すくらいなら美味しい日本食やに連れて行って信頼を築きましょう。

お金も関係なんてすぐに崩れますし、お金を渡さなくなれば逆恨みされる可能性もあります。フィリピンでは権力者に恨まれるということは死を意味しますからね。

冗談です(笑)

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です