フィリピンの財閥がいかついwww

こんにちは。

フィリピンのお金持ちの金遣いは案外荒くない。どうも管理人のアンジーです。

最近日本でも貧富の差が広がりつつあり、これからの将来に不安を抱えている日本人も少なくないはずです。もちろん私アンジーもそのうちの一人です。

話は変わってフィリピンでは貧富の差がとんでもないことになっています。庶民のくらいはその日暮らしのひもじい生活に対して富裕層は使用人を雇い、マイカーで移動し、たらふく美味しい物を食べています。そしてお金持ちは資産を増やし、貧富の差がさらに広がっていくのです。

その貧富の差の原因を作っているのが財閥の存在です。日本では三井、三菱、住友が日本3大財閥として有名ですね。

ということで今回はフィリピンの財閥について紹介します。

スポンサーリンク

フィリピンの財閥紹介

シー財閥

フィリピンの華僑です。一兆円以上の資産を持つとんでもないお金持ち。

シー財閥はヘンリー・シーが率いるフィリピンで最も有名と言っても過言ではない財閥です。ヘンリー・シーは小さな靴商売から初めて僅か半世紀でフィリピンでもっと大きな財閥に成り上がったのです。幼いころは貧困の中で育ち、失敗に失敗を重ねて今の地位に至ります。

フィリピンではそこそこ有名なファーイースタン大学に入学していますね。実はアンジーもこのファーイースタン大学に入学しようとしていた時期もありました(笑)

フィリピンで最も大きなショッピングモールのSMショッピングモール、フィリピンで最大の銀行BDOなどを展開しています。

ルシオ・タン財閥

フィリピンの華僑です。この方もとんでもないお金持ちです。当たり前ですね。

この財閥はフィリピンの酒とたばこのシェアを牛耳っています。また、フィリピンで最大であるフィリピン航空もこのルシオ・タン財閥です。

日本国内でも簡単に口座を開設できるフィリピンナショナルバンク(PNB)や、これまた有名なUniversity Of East(UE)もこのグループなのです。

ゴコンウェイ財閥

そこそこおっかない顔をしているジョン・ゴコンウェイ。この方も華僑です。

フィリピンではSMモールの対抗馬であるロビンソンモールを展開しています。さらに日本でフィリピン行きのLCCと言えばセブパシフィックですね。これもゴコンウェイ財閥の傘下なのです。

他にもフィリピンでは有名なお菓子メーカーのJack ‘n Jillや、フィリピンのアイスティーと言えばC2、大手電話会社のPLDT、そしてフィリピン最大の電力会社で、盗電料金を請求してくるクソ高いメラルコ様の株も保有しています。

アヤラ財閥

フィリピンで他の財閥とは違った存在感を見せているアヤラ財閥です。長らくスペインの血統で構成されています。

フィリピンの大手通信会社のGlobe、金利が高くて有名な銀行BPI、そして何よりもアヤラ地区にあるアヤラモールが有名なのではないでしょうか。

また、フィリピン国内のコンドミニアム事業でも有名です。アヤラは地の利もあって何やら綺麗なイメージの財閥ですね。

フィリピンの財閥はすごい

これ以外にもフィリピンには大きな財閥はたくさんあります。

今回の記事を見ただけでフィリピンに住んでいる方は分かると思いますが、フィリピンのモールや銀行、そして主なインフラ機関は全て財閥が牛耳っています。簡単に言うとお金持ちにお金が集まる仕組みになっているのです。

この仕組みのおかげでフィリピンの格差は今も広がり続けているのです。

今のドゥテルテ大統領は違いますが、アキノ大統領などは財閥出身です。フィリピンの大統領選は財閥の利権争いだとも言われているくらいなのです。

フィリピンの財閥の闇は深くて恐ろしいものなのです。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です