フィリピンの電気代がとんでもなく高い理由

こんにちは。

フィリピンのKFCの安定感はすごい。どうも管理人のアンジーです。

フィリピンで生活していると、フィリピンの物価の相場というものが分かってくるのですが、一つだけ完全に物価バランスが崩壊しているものがあります。

それが電気代です。

水道代に関しては日本よりもフィリピンの方が安く済みます。ガス代もそこ大してかかりません。しかし電気代はとんでもなくかかるのです。

ということで今回の記事は何故フィリピンでは電気代がとんでもなく高いのかを紹介します。

スポンサーリンク

フィリピンの電気代がとんでもなく高い理由

盗電

日本では電気を盗むなんて考えられない話ですが、フィリピンで盗電は深刻な問題です。

アンジーがマニラで生活していて盗電をしている若者を見たことがあります。特に気にしていませんでしたが、あることを聞いてからは許せなくなりました。そう。

盗電された分の料金は電気代をしっかりと払っている人達の電気代に加算されるということです。

とんでもない話です。使ってもない分を負担するのはとんでもない話ですよ。

そもそも基本料金が高い

フィリピンの電気代は世界で5番目に高いと有名です。

盗電がないとしてもフィリピンの電気は非常に高いと言えます。日本の電気料金と比べても高いのです。そしてフィリピンの電化製品の大半が省エネではありません。エアコンも以前日本で使われていたような音がうるさい物ばかりです。冷蔵庫に関しては、電気代が高すぎて所持するのを躊躇っている家庭も少なくありません。

フィリピン人の給料に対して電気代は恐ろしい程高いのです。

フィリピンの電気は不安定

フィリピンでは昔から電気が不足していました。

フィリピン国内には原子力発電所がありますが、一度も使われていません。最近では少なくなりましたが、以前は電力不足により頻繁に停電していたそうです。

マニラを上空から見ると分かりますが、フィリピンはとても途上国とは思えません。ものすごい量の電力が毎日消費されています。

電力会社が独占している

フィリピンでもの日本でも同じですが、電力会社を選ぶことは基本的にできません。

例えばフィリピンの首都マニラに住めばメラルコなどの電力会社を利用することになります。独占している電力会社の利用を拒めば電気を使えない生活になってしまいます。今の時代、電気がない生活なんて考えられないですからね。

フィリピンでは今も人口が増え続けていて、それに大した電力も必ず必要になってきます。つい先日、フィリピンの大手電力会社のメラルコが電気料金の引き下げを発表しましたが、依然としてフィリピンの電気代は高いと言えるでしょう。

現地のフィリピン人達も電気代が安くなれば生活がかなり楽になることは間違いありません。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です