残酷…フィリピンの貧困層の生活が地獄すぎる

こんにちは。

フィリピンのコンドミニアムの乱立がすごい。どうも管理人のアンジーです。

フィリピン人の生活を見ていてすごく不思議なことがあります。

フィリピン人の貧困層はどうやって生活しているのか。

フィリピンの平均月収は13000ペソ前後と言われています。貧富の差が大きいフィリピンなので、貧困層は10000ペソ以下の収入で生活しているでしょう。

フィリピンで生活しているので分かるのですが、月10000ペソではどう考えても生活は成り立ちません。

ということで今回の記事はフィリピンの貧困層はどんな生活をしているのかを紹介します。

スポンサーリンク

フィリピンの貧困層の生活が地獄すぎる

フィリピンの貧富の差は大きすぎる

発展途上国にはよく見られる傾向なのですが、貧富の差が大きすぎるのです。

フィリピンではお金持ちが富を増やして、貧乏人は搾取されていくという社会構成になっています。そのため、お金持ちの子供はお金持ちになり、貧乏人の子供は貧乏人になっていくのです。フィリピンでは日本よりも這い上がっていくのが難しいのです。

フィリピンの都心ではお金持ちがたらふく食ってデブになっている中、スラム街では餓死寸前の子供たちが多くいる状態なのです。

フィリピンの貧困層世帯の平均年収は約7万ペソ

フィリピンの貧困層世帯の平均年収は7万ペソです。一か月約6000ペソです。日本円に換算すると約15000円です。

フィリピンの物価は安いといえど15000円で十分に家族を養っていけるわけがないのです。特に子供がいる場合は、学校に行かせることは到底できません。十分な食事を与えることもできません。電気や綺麗な水を使うこともできません。

こういった収入が少ない人たちはスラム街に集まります。もちろんスラム街の物価は首都マニラなどと比べるとかなり安いのですが、とても暮らしやすい環境とは言えません。それどころか、私達日本人から見たら地獄でしょう。

フィリピンのスラム街の人達から見たら私たちの生活は夢のような生活でしょう。まさに私たちがドバイの高層マンションで毎日パーティーを開催しているお金持ちの生活に憧れるようなものです。

十分な食事は食べられない

スラム街の人達の身体を観れば一目瞭然です。

全員ではないですが、異様にやせ細って、骨と皮しかないとしか言えないフィリピン人が多くいます。食べ物を買うお金が無いからです。食べ物を買えても栄養のあるものは中々食べることができません。

子供たちは大人から搾取される

スラム街の生活に関してはフィリピンの警察も把握できていない部分が多くあります。

そのため、フィリピンのスラム街では子供を使ったビジネスも行われているというのが現実です。例えば子供を危険な場所で働かせたり、女の子であれば性的な労働を強いられたりもします。

その結果女の子は若い年齢で妊娠し、出産します。そしてその子供はまた貧困に悩まされるのです。まさに負のスパイラルなんです。

国は援助してくれない

日本では生活が困っている人に対して生活保護などの社会的弱者に対する国からの支援があります。

しかしフィリピンで生活に困っていても国は助けてくれません。いくら小さな子供がストリートチルドレンになろうと支援してくれないのです。フィリピンにはそんな余裕がないのです。

貧困層が犯罪の温床になっている

マニラなどの都会で犯罪を起こす人たちの多くは、貧困層です。

スラム街から出て都会へ出れば自分たちの生活とは180度違う生活をしているお金持ち達がたくさんいます。その人たちを見てどう思うでしょうか。アンジーなら不公平と思うことは間違いないでしょう。

都会へ出てホールドアップなどで稼ぐことができれば家族に贅沢な食べ物を買ってあげることができるのです。そう思う若者たちが都会へ出てきてホールドアップやスリなどになってお金を稼ぎます。

現状を変えることは非常に難しい

現在のフィリピンの貧富の差を改善するのは非常に困難です。

フィリピンは今の状態で経済成長していて、富裕層が改善を望んでいないからです。フィリピンの富裕層は貧困層がいるから富裕層でいられます。そんな状況の改善を本気で望む富裕層は中々いません。

また、フィリピンの雇用形態にも問題があります。今のフィリピンの働き口は完全な働き手の供給過多状態にあります。なので経営者はいくらでも解雇しますし、仕事があるだけマシと思い、賃金が安くても文句を言えないのが今の現状です。

負のスパイラルがとんでもない

貧富の差は昔からフィリピンの大きな課題です。

しかし現在まで全く改善される気配がありません。この問題解決がいかに難しいかを物語っています。フィリピンは今も人口が増え続けています。今のような状況で人口だけが増加していっても問題解決は遠のいてしまいます。

この問題の解決には何かしらの手助けが必要なのは言うまでもありません。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です