多くの日本人は英語を話せる日本人に興味がない説

こんにちは。

エリートからしたら3か国語話せるのは当たり前。どうも管理人のアンジーです。

フィリピンで暮らしているアンジーは、日本で暮らしている日本人の方と話をすると英語の話題が必ず出てきます。

フィリピンをよく知らない人でも、フィリピン人が英語を話せるということは何となく知っているようです。

そこでよくアンジーは日常会話くらいなら英語でできるなんて回答をするのですが、その時の反応が大半「すご~い!」みたいな感じなんですよね。しかし。。。

目が死んどる!!

そう、すごいと言いながらもどうでもいいような目をしているのです。確かに英語を話せることはすごいと思ってはいるのでしょう。しかし本当に皆さん興味がないのだとしみじみ伝わってきます。

ということで今回の記事は、多くの日本人は英語を話せる人をどうでもいいと思っている説を立証していきます。

スポンサーリンク

多くの日本人は英語を話せる日本人に興味がない

特におばさん達は興味ない

この傾向が見られるのは特におばさん達です。

おばさん世代は英語を全く話せなくてもいい環境で育ってきています。

日本へ帰ってきた時におばさん達と話すと、フィリピンのことをやたらと気にしてくれます。治安がどうだとか、フィリピンパブがどうだとか。その中で必ず話題になるのが英語です。

フィリピン人は英語を話せるということだけを知っているおば様たちは、アンジーに英語を話せるのかいつも質問してくるのです。そこで大半の場合は日常会話レベルと答えるのですが、毎回返ってくる言葉は決まって「すごい」。

一体何がすごいのか( ゚Д゚)

日本で暮らしていたら英語の必要性を全く感じない

普段フィリピンで生活しているアンジーが日本へ帰国すると、日本で英語が必要な場面って本当にないと感じます。

街の看板はほとんど日本語で書かれていますし、映画館でも吹き替えや字幕で上映されています。ここまで自国言語だけで形成されている日本は非常に素晴らしい国だと思います。

逆に言えば、日本で暮らすなら英語は全く必要ないということです。一般的な日本人からしたら、英語は理科や数学などの科目の一種なのです。なのでアンジーを含め、英語に対する慣れが全くないのです。

結論、日本独自の文化は素晴らしい

鎖国的なところもありますが、日本では日本独自の日本文化がしっかりと形成されているのですごい国です。故に日本人であればこれ以上暮らしやすい国は他にないでしょう。

しかしそれによる弊害があるのも確かです。大きな例が英語。世界のエリート達は当たり前のように英語をすらすらと話します。

英語を話せるようになると本当に色々な選択肢が増えます。例えば金利の高い海外の銀行にお金を預けることだって英語ができれば可能なのです。多くの日本人がとんでもない金利の低い日本の銀行にお金を預けるのは、英語を理解することができないからです。

できないのではありません。しないんです。

アンジーを含め、日本人はもっと英語を勉強すれば、大きく視野が広がるでしょう。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です