【不幸と感じている人へ】お金が無くたって幸せを感じることはできます、絶対に。

そこらへんのおじさん
アンジー君。幸せの定義って何なんだろう?
管理人のアンジー
幸せの定義…難しいですね。でもお金=幸せではないのは確かですよ。貧乏な国でも国民の幸福度が高い国はたくさんありますからね。
そこらへんのおじさん
確かに日本で幸せを感じるハードルってすごく高いように感じるな。
管理人のアンジー
そうですね。これだけ安全でインフラが整っている国なのに不思議ですね(;´Д`)

どうも、毎日のブログ更新って中々難しいと感じている、管理人のアンジーです。

幸せの定義。これは永遠に定義されることのない議題ですね。

食事をしている時、お風呂に浸かってゆっくりしている時、居酒屋で仲間と飲み語っている時など、人によって幸せの感じ方は違います。

ある人にとってはあるアイドルの動画を観ることが幸せという人もいますが、ある人から見たらそんなことは全く幸せではないのです。

ある人は高級高層ビルの屋上に住むことに幸せを感じているかもしれませんが、そんな高級なビルに住むのは無駄だと考える人も中にはいます。

そう、人によって幸せの感じ方は違うのです。

そしてよく言われているのが、お金は幸せに必要なのかということです。

ということで今回の記事では幸せの感じ方について、アンジーの個人的な意見を、自分の人生が不幸だと感じている人に対して少し語っていきます。

スポンサーリンク

お金が無くたって幸せを感じることはできます、絶対に。

幸せにお金は必要なのか?

幸せを感じるためにはお金は必要ありません。と言いたいところですが、ある程度のお金は必要です。

お金に関しては、人によって本当に価値観が違います。食べていけるだけのお金があればいいと本気で思っている人もいれば、お金持ちになることに異常な執念を持っている人もいます。どちらが正しいとも言えませんね。

仮に生まれてから80歳くらいまで生きるとしたらある程度のお金が無ければ幸せになれないでしょう。ここのある程度というのが人によって変わってくるのです。

ちなみにアンジーの場合、謙虚に月20万円くらいあれば田舎で十分一人暮らしで満足できます。

これが都会で家族持ちとなると、月に20万円では到底足りないでしょう。非常に厳しい世の中ですね。

何を幸せとするのか

何を以って幸せとするのか。

例えば釣りをして魚を釣ったときにものすごい幸せを感じる人もいれば、魚釣りすらしたことがない人がいるわけです。魚釣りをしたことがない人に魚釣りの面白さを語っても分かってもらえませんからね。

アンジーの場合、休日に家でゴロゴロしている時に幸せだと感じます。しかしある人は家でゴロゴロするなんて時間がもったいないと言います。

要は人によって幸せの感じ方が全く違うのですね。

フィリピンで感じたフィリピン人の幸せ

多くのフィリピン人が望んでいる幸せとはまさに普通の生活です。

両親の元で育って大学まで不自由なく卒業し、就職する。そして良いパートナーと出会い結婚し、子供を産む。これこそが多くのフィリピン人が望む幸せです。

日本でもそうなのではないのでしょうか。確かにお金持ちを羨ましく思う気持ちはありますよね。美味しいご飯を食べて、高級マンションに住んでいて。しかし売れている芸能人が麻薬に溺れてしまうようにお金持ち=幸せとは限らないのです。

何を普通というのかもまた難しい問題ですが、フィリピンで生活してみて本当に幸せについては考えさせられましたね。

視野を広げてみる

せっかく日本人は世界でも屈強のパスポートを持っているわけですから、海外も視野に入れないともったいないです。

今アンジーが生活しているフィリピンを例に挙げてみましょう。

アンジーは将来的にフィリピンへ完全移住できればいいと思っています。もちろんこれからフィリピンがどうなってくるかが分からないので、慎重に考えるべきですが、フィリピンには日本では感じられない様々なメリットがあるからです。

このことを友人に話すと必ず否定されます。もちろんですね。知らないのですから。しかしこの知らいないということが非常にもったいないと思っています。というアンジーもフィリピンと日本しか知らないので、世界にはもっといい国があるのでしょう。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です