フィリピンで日本人が就職する場合、給料は半分以下になる

就職活動中のアンジー
フィリピンで働きてー!!
フィリ子
フィリピンで就職すればいいじゃんか( ゚Д゚)
アンジー
フィリピンで働くとなると中々大変なんだよ。給料面とか。給料は日本で就職する場合の半分以下になっちゃうからね(;´Д`)
フィリ子
それでもフィリピン人からしたら大金だよ。
アンジー
ワタス日本人なんで…..

こんにちは。管理人のアンジーです

今回の記事はフィリピンで就職したいという方に向けて書く記事です。というのもアンジーも将来的にはフィリピンで働きたいと思っているからです。

もちろんそのためにフィリピンでの就職についてはかなり調べました。

フィリピンで働く場合、大まかに2つの方法があります。一つ目は現地の会社に直接採用してもらう現地採用、二つ目は日本で就職して駐在員としてフィリピンへ行く方法。もちろんフィリピンでビジネスを始める場合もあるでしょうが。

この二つの方法の一番の大きな違いは給料面でしょう。日本の企業の駐在員としてフィリピンで働く場合、フィリピンの現地採用の場合の2倍以上の給料になります。企業によっては5倍くらいにもなります。

ということで今回の記事はフィリピンで就職する場合の現地採用と駐在員との給料の差について紹介します。

スポンサーリンク

日本人がフィリピンで就職する場合、現地採用よりも駐在員の給料の方が圧倒的に高い

フィリピンで就職する場合、現地採用か駐在員

フィリピンで働く場合、日本で就職してフィリピンの駐在員になる方法とフィリピンの現地の企業に直接採用してもらう現地採用の2択があります。

日本の大企業の駐在員としてフィリピンへ行った場合、フィリピンへの出張となると給料は基本給とは別に海外での給料ももらえます。そうなった場合、単純に給料が日本で働く2倍になりますね。
中小企業の駐在員としてフィリピンへ行った場合も、給料は日本の給料が基準となるため高いのです。

では現地採用はどうでしょう。

現地採用の場合、基本的にはフィリピンでの給料相場になります。もちろん日本人との接客などで高い日本語スキルが必要なため、フィリピン人よりも給料は高いのですが駐在員と比べるとやはり越えられない壁があります。

現地採用は安いと言っても、相当安い会社を選ばなければ生活できないような安賃金ではないので安心しましょう。

貯金するのは中々厳しいでしょうけどね(;´Д`)

スキルは現地採用の方が確実につく

現地採用の場合、フィリピン人や外国人に囲まれて仕事をします。

通訳がつく現地採用もありますが珍しいでしょう。英語を使ってコミュニケーションをとる必要があります。異国の地フィリピンでフィリピン人と同じ土俵で仕事をするわけですから、生半可な気持ちでは遅れをとってしまいます。

実際にフィリピンでビジネスを展開している方達から話を聞くと、現地採用を経験している日本人の英語スキルや対フィリピン人のコミュニケーション能力は凄まじく伸びるそうです。

そういう面では語学学校ではなく現地の大学に入学したアンジーは、就職活動で例えると現地採用なのかもしれませんね(*‘∀‘)

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です