フィリピン人のおっぱいを揉む夢を実現させたったwww

管理人のアンジー
おじさん、僕はついにやりましたよ….
そこらへんのおじさん
アンジー君,
一体何をやらかしたんだね?(゚A゚;)ゴクリ
管理人のアンジー
ついに….フィリピン人のおっぱいを揉む夢を実現させました(*’∇’)/゚・:*【祝】*:・゚\(‘∇’*)
そこらへんのおじさん
はああぁぁぁぁぁ???

こんにちは。管理人のアンジーです。

フィリピンでモテモテになることを夢を抱きフィリピンへやって来てもう1年と半年が過ぎただろうか。

今考えればフィリピンでモテモテになろうだなんて考え事態が間違っていたのかもしれない。

もうフィリピンへ来て3ヵ月くらいでその現実にぶち当たったアンジーは、フィリピンでモテモテになる夢など今はとっくに捨てている。しかしそれでも一つどうしても諦められない夢がある。

そう、それは…

フィリピン人のおっぱいを揉むこと。

フィリピンでモテモテになれなかった心の痛みを消すにはこれしかない。フィリピンで彼女ができなくてもこの夢をどうしても実現させたい。そう思ってフィリピン生活を送ってきていたのだ。

しかしその夢を実現させてしまった。もう日本に帰国しようかな~(笑)

ということで今回はその夢がどう実現したのかを紹介します。

スポンサーリンク

フィリピン人のおっぱいを揉んだったwww

アンジーはフィリピンの首都マニラに住んでいる。マニラの中でも日本人や韓国人などの観光客が多く集まるマラテという地域に非常に近い。そのためフィリピンパブのようなクラブやディスコが集中していて、美人なフィリピン人も多くいる。もちろん変態なアンジーはよくマラテへ遊びに行く。しかし残念なことに貧乏なアンジーは外の雰囲気を楽しむだけで決して中には入らないのだ。

ある日の夜、先輩の誘いでマラテにあるカフェへ行くこととなった。カフェに行くにはジープという現地のフィリピン人御用達の安いバスに乗って行ける。

家の近くでジープを捕まえて乗り込んだ。少し中に変な動きをするフィリピン人がいたが、そんなのは毎度のことで気にならない。

ジープに乗って数分が経ったころ、超絶スタイルの良い美人が外に立っていた。小さな目をフィリピン人張りに大きく開いてガン見していると、その超絶美人もジープに乗ってきたのだ。

これは目の保養になるなとニヤニヤしていると、なんとその超絶美女が隣へ座ったのだ。

なんという幸運…|д゚)

このチャンスを逃せばこんな美女の隣に座る機会は中々ないだろうと思ったが、何しろジープの中なので何もすることはできない。隣を向いて顔を拝みたかったが、近すぎて何もできない。

するとジープが混んできたからか、美人がアンジーへかなり身体を寄せてきた。

む、胸が当たった….その時点で焦点しそうだったが、何も気づかないフリをして平然を装っていた。しかしチキンなアンジーは中々顔を見ることができなかった。

すると美女の手がアンジーの手に触れたのだ。これは間違いなくわざとだ!!

この美女はアンジーを狙っているのか??イケメンはこれだから困るぜ(*‘∀‘)と思いながら美女と手を繋いでいるとなんと美女自ら手を胸の方へ持って行ったのだ。すかさずアンジーもその手で胸を揉んでやった。

最高だった。それは感触ではない。胸を揉んでいるという現実が最高なのだ。

これは鼻血で出血多量になるくらいのシチュエーションだ。そろそろ見つめ合おうかと思い切って美女を見てみた。

????

????

????

オカマか??こいつ…….)

完全に油断した。完全に油断した。完全に油断した。

遠くから見たらテレビに出ていてもおかしくないレベルの美女だった。しかし至近距離で見るとただの化け物だった。

すかさず握られていた手を放した。

我に返ったアンジーは、今の状況を必死に整理した。

とりあえず今まで興奮して揉んでいたおっぱいはオカマのシリコンおっぱいという現実。そしてそのオカマが目も当てられないくらいのオバケオカマだったこと。

その現実を目の当たりにしたアンジーがゾンビから逃げるようにジープから走り去ったのは簡単に想像できるだろう。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です