フィリピン人は日本人よりもビジネス精神があるという事実

そこらへんのおじさん
アンジー君、フィリピンって就職難だけども、どうやってフィリピン国民は生活しているんだろうか?

管理人のアンジー
よくレストランへ行くと大量に注文しているフィリピン人を見かけますけど、確かにどうやってあのお金が流れて来るんですかね。先生や警察官でも給料はそう高く貰えてない筈ですけど。

そこらへんのおじさん
何か怪しい商売でもしてるんかな?

管理人のアンジー
そんな人は一部だとは思いますけど、何かしらのビジネスをやっているんでしょうね。

そこらへんのおじさん
あ~。副業的な何かか~。

どうも。管理人のアンジーです。

アンジーがフィリピンで生活していてすごく不思議に思うことがあります。それは一般的なフィリピン人がどのようにして収入を得ているのかという事です。

日本ではある程度の常識と若さがあれば誰でもできるコンビニのバイトでもフィリピンではある程度の学歴かコネクションが無ければできません。また、アルバイトで雇われても日本のような時給1000円などは夢のまた夢なのです。

そんなフィリピンでマクドナルドやジョリビーを訪れると、毎回のように行列ができています。就職難のフィリピンで彼らはどのようにしてそのお金を手にしているのかが非常に不思議だったので、今回調べてみました。

結論から言いますと、フィリピン人は非常にビジネス精神が旺盛だからということになるでしょう。

スポンサーリンク

フィリピン人は日本人よりもビジネス精神がすごい

就職できないから自分達でやるしかない

先述した通り、フィリピンで企業に就職するには学歴かコネクションが必要です。

しかしフィリピンでは日本のように簡単に大学に行けるわけではありません。国公立の大学が少ないフィリピンでは、私立の大学に行けるある程度の経済力のある家庭で育たなければ大学を卒業するのは難しいのです。

そうです。大半のフィリピン人は企業に就職することができないのです。

そうです。就職できないなら自分で生計を立てるしかないのです。

こうして多くのフィリピン人は自分でビジネスを始めます。

資金が少ないフィリピン人はタバコやお菓子を売る

フィリピンのマニラでは歩いて物を売っていれば商品が売れます。

一番簡単にできるビジネスとしては、タバコやキャンディーなどを大量に持って歩き売りするビジネスでしょう。通常なら箱買いしなければならないタバコを一本ずつ販売することで一本数円という利益を得ています。

こうした何かしらの商品を販売しているフィリピン人は多くいます。フィリピン名物のバロットも路上で売られています。

こういった規模が少し大きくなるとサリサリストアというフィリピンではよく見かけるコンビニのローカル版の店になります。

ねずみ講や転売で稼ぐフィリピン人もいる

これはフィリピン人から聞いた話ですが、フィリピン人は知り合いに商品を勧められると簡単に買ってしまうそうです。なのでネズミ講の上層の人達が儲かるわけですね。

また、偽物の転売をしているフィリピン人も多くいます。大本から安く仕入れて、フィリピン人の大半がやっているフェイスブックで宣伝して販売しています。

こういって小さい規模で何かしらのビジネスをやっているフィリピン人は案外多くいるんです。

フィリピン人の方が日本人よりもビジネス精神が旺盛

就職が王道ではないフィリピンでは自分で生計を立てて生活するしか生きる術がないのです。

そう考えると日本人よりもビジネス精神が旺盛だと言えるでしょう。小売りも立派なビジネスですからね。しかし最近では日本でも副業をやる人が増えていると言います。サラリーマンだけの収入では生活が厳しいという人が増えているということですね。

もしかしたら日本でも副業をしているのが当たり前なんて時代がやって来るかもしれませんね。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です