海外にいるのに日本語を喋りとおす日本人、いいと思います。

そこらへんのおじさん
アンジー君、海外旅行に行く人全員が英語を話せるわけではないじゃん?そういった人たちはどうやって外国人とコミュニケーションをとるのだろう。
管理人のアンジー
確かに英語が話せないとどうしようもないですね。英語が分かりませんすら言えない人は多くいますからね。
そこらへんのおじさん
それでも海外に行くって本当に勇気あるよね。
管理人のアンジー
本当ですね。脱帽です。

こんにちは。管理人のアンジーです。

アンジーが暮らしているフィリピンには多くの日本人観光客がやってきます。アンジーの家はフィリピンの繁華街に近いため、余計日本人を多く見ます。以前にはフィリピン警察と喧嘩している日本人もいました。

そして今回の記事では海外に来た日本人の中で、英語が全く話せない日本人について紹介します。

スポンサーリンク

英語が話せない日本人は海外でも日本語を話し続ける。

日本語が全く分からないフィリピン人CAに日本語で話し続ける日本人

一人目の紹介。

アンジーがジェットスター航空の飛行機を待っていて、窓側の席の人が混雑防止のために優先搭乗された時の話。

何故かその時は英語のアナウンスしかされず、英語が分からない日本人では誰が優先搭乗なのか分からなかったのでしょう。30歳前後の二人組の日本人が窓側の席ではないのに搭乗しようとして、係員に待つように言われていました。

しかしここで納得のできない二人。どうして飛行機に乗れないんだ。説明を求めろとフィリピン人スタッフに対して強めの口調で言っていた。だが全く意味が理解できないフィリピン人スタッフはとにかく順番がくるまで待っていろと言っているが、日本人たちは全く理解していない。

腹が立った日本人二人は日本語で怒鳴り出し、怯えたスタッフは二人を優先搭乗させてしまったのだ。

その場にいた多くの日本人は彼らを軽蔑していた。しかしアンジーは違う。大勢が見ている中で日本語を話し続けた二人がものすごくかっこよく見えたのだ。

何故ならもしもアンジーが彼らの立場だったのならすぐにトイレへ逃げ去っていたからだ。彼らの精神力には脱帽してしまった。

フィリピン人に説教する日本人

ある日フィリピンのショッピングモール内で怒鳴り声が聞こえた。よく耳を澄ましてみると、その言葉は日本語だった。

これは日本人が何かトラブっているのかと思い、走って現場に向かった。

するとそこには大勢のフィリピン人が集まっていて、その中心に日本人の老人がいた。何やらフィリピン人の店員に苦情を言っているようだ。あまりにも大きな声で苦情を言っているので警備員やモールのお偉いさん達に力ずくで連れていかれそうになっていた。

すると日本人は「やめろボケ、やめろ」と騒いでいた。やめろがフィリピン人に通じるわけがない。せめてストップと言った方が良いんではないかとアドバイスしたかったが、今回の日本人は痛いだけだった。

海外に行くとき、英語を話せるだけで安心感が違います。英語を話せたら海外への一人旅も可能になり、非常に楽しく海外旅行をできるようになるでしょう。

というアンジーも英語も非常に恥ずかしいレベルなんですけどね(笑)皆さんも一緒に英語修行しましょう。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です