【悲報】フィリピンパブの時代は終了した。フィリピン人に興味がない。

こんにちは。

フィリピンではキリスト教徒ではないのに祈らなくてはならないときがある。どうも管理人のアンジーです。

日本人がフィリピンに関わる場合、フィリピンへの出張かフィリピンパブへ行ったという場合でしょう。

日本に居るフィリピン人の多くはフィリピンパブで働いているのが事実ですし、今は結婚もして働いていないが昔はバリバリフィリピンパブ嬢だったなんて場合も多いと思います。

夜の街を盛り上げたフィリピンパブも最近では落ち目です。昔からフィリピンパブへ通っている人達に話を聞くと、昔はフィリピンから若くてとんでもない美人がたくさんやってきたが、今はおばさんフィリピン人しかいないと聞きました。

そう、フィリピンパブの時代は終わったのです。

ということで今回の記事はフィリピンパブが終わった原因とこれからのフィリピンパブについて紹介します。

スポンサーリンク

フィリピンパブの時代は終わった。

日本人のフィリピンパブ客離れ

バブルの最盛期は事業で儲けた男たちのお金の使い道は女でした。

昔はフィリピンからの興行ビザが今よりも10倍以上出ていたため、日本に来るフィリピン人はたくさんいました。フィリピン人達にとって日本は絶好の稼ぎ場だったのです。

しかしその時代にフィリピンパブにハマっていた日本人が少なくなってきています。そして最近の若者はフィリピン人に興味を持っていません。フィリピンパブに行こうなんて思いもしないのです。

出稼ぎフィリピン人の減少

先述した通り、フィリピンから日本へ出稼ぎに来るフィリピン人の数が減少しています。

原因はビザ規制の強化で、興行ビザに関しては以前の10分の1程度になってしまったと聞きます。

昔はフィリピンパブへ行けば若くて美人なフィリピン人がたくさんいました。しかし今はどうでしょう。大半が何か大きな事情を抱えています。例えばフィリピンに子供がいたり、既に日本人と結婚していたり。そんなフィリピン人にのめり込む日本人は少なくなりました。

さらに最近のフィリピンでは日本よりも香港やアメリカに出稼ぎに行きたいフィリピン人が増えているそうです。巷では日本は昔ほど稼げないなどと言われているようですね。

今の日本人はフィリピン人性女にお金を使わなくなった

今の若者は美人な女性を横に連れて歩く欲望が昔と比べて衰退しています。

そうなんです、今の時代、ネットで検索すればいくらでもムフフな動画や画像を観ることができます。アニメのキャラクターと仮想の恋人になることだってできてしまうのです。

そんな時代にフィリピンパブにお金を使う人は珍しいとも言えるでしょう。

今の日本では水商売が衰退している

こういった現象が起こっているのはフィリピンパブに限った話ではありません。

キャバクラや風俗でも同じ現象が起こっています。弱小店は倒産していきます。

間違いなくネット環境が充実してきているからでしょう。わざわざ外出し、高いお金を払って欲を満たさなくても家でネットで欲を満たせるのです。

これからどんどんそういった風潮は加速していくでしょうね。

 

ではまた次の記事で。バ~イ。

 

マニラについて質問がありましたら是非お問合せください。

mail:manila_angela@yahoo.co.jp

FB:フィリワールド Angie

スポンサーリンク

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です